子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2010年11月04日 [ Thu ]

名古屋の講演キャンセルについて

先日、12月12日に名古屋にて講演を行なわせていただくという予定をご連絡させていただきましたが、その後の諸事情の変化により、やむなくキャンセルさせていただくこととなったことを、取り急ぎご報告します。

私の、いちブロガーとしての私的な活動をとりまく環境が一時と比較して落ち着いてきたと判断し、これまでキャンセルしてきた講演を再度お受けするという決断をしたわけですが、そのご案内を出した直後より、突然、再び環境が悪化する事態となりました。

その状況を受け、主催者側の皆さん、そして当方は弁護士も交えて対応を慎重に協議した結果、残念ながら講演を滞りなく実施できる状態ではなくなったと判断し、双方合意のうえで本講演への私の参加をキャンセルさせていただくことになりました。

今回の件では、お声をかけてくださった主催者の皆様、そして既にご案内を受け参加を予定されていた方、その他すべての関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。

今回は取り急ぎキャンセルのご報告のみとなりますが、その他の詳細につきましても、固まり次第、随時ご報告させていただきます。

※追記:代替の講演などの情報につきましては、こちらの主催者ページをご覧ください。

※なお、主催者であります「発達支援協同研修会実行委員会2010」様が、既にお申し込みをいただいた方で、連絡のつかない方を探していらっしゃいます
 心当たりの方は、お手数ですが、協同研修実行委員会 hattatsushien@gmail.com まで、メールにてご連絡をくださると、大変助かります。よろしくお願いいたします。



posted by そらパパ at 19:58 はてなブックマーク | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記
この記事へのコメント
本当に残念です。
主催者から丁寧な連絡メールをいただきました。
本来なら起こるはずのない問題に巻き込まれていらっしゃるようで、大変ですね。またの機会を待っています。
Posted by とよいちの娘 at 2010年11月04日 21:39
そらぱぱさんのブログは影響力がとても
ありますから、良くも悪くもその影響力に
対する圧力は相当なのですね。

私的なブログでもターゲットとして
マークされて、クローズドといったことに
ならないようにと思います。

以前、ブログをしているお母さんが、匿名や偽名で自閉症児の親を名乗って、相談を
うけ、嫌がらせをされた話を伺ったことがあります。

そらぱぱさんは、誰にでも親切で丁寧な
対応をされるので善意にみせかけた悪意に
気をつけてくださいね
Posted by ぷっちょくんママ at 2010年11月04日 22:14
私も、主催者さんからていねいなTelをいただきましたよ。中止は残念至極ですが、今はその分、講演の機会があればそらパパさんが伝えたいだろうことは(自分が理解した範囲で)まわりの人に伝えて行けばいいのかな、と思うことにします。そう思っている人、多いのでは。(とても同じようにはいきませんが・汗)
Posted by りんごのたね at 2010年11月06日 01:42
皆さん、

コメントありがとうございます。

楽しみにしてくださっていた皆さんには、ご心配とご迷惑をおかけしてしまったこと、また主催者の方にも不用な手間を取らせてしまっていることを、本当に申し訳なく思っています。

また、コメントをいただいた方、メールを下さった方、ツイッターでつぶやきやDMを下さった方、多くの方から励ましのことばをいただいたこと、本当に嬉しく思っています。
Posted by そらパパ at 2010年11月07日 23:25


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168281453
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー