2006年04月08日

フローリングマットレス(グッズレビュー)

直接療育に関係があるとは言えませんが、療育に取り組む家族のQOL(生活の質)を向上させるために、最近購入したマットレスです。

【購入者特典】毎日1名に3000円が当たる![送料無料] 厚み14cm フローリング対応ベッドマット...
厚み14cm フローリング対応マットレス
アキレス
実勢価格 15,000円程度

部屋の床に直接敷けるマットレスです。
最大の特徴は、厚みが14cmもあることで、床にマットを敷いて寝ていても、高価なベッドに寝ているのと遜色のない寝心地を確保することができます。
マットの上に敷布団を敷く必要はなく、マットの上に敷パットやシーツをかぶせて直接(ベッドのように)寝ることができます。

この手の商品では、「折りたたむとソファーになる」といった機能をうたった、8,000円~10,000円程度のものもいくつか売られていますが、その辺りの値段帯の商品と決定的に異なるのは、3つ折りになったマットレスのパーツのそれぞれが最適な堅さに調整されており、かつ、全体的に堅めの素材が使われているという点です。



実は、我が家にはもともと、このマットレスと同じものが1つ、さらにこれとは別に8,000円くらいの値段帯の「たたむとソファーになる」というマットレスが1つの、計2つの分厚いマットレスがあり、娘と妻で並べて使っていました。
ところが、安いほうのものは素材が普通のスポンジで、柔らかすぎました。素材が柔らかいと、

・15cmクラスの厚みがあっても、腰のあたりは底付き感がはっきり出てしまう
・体が沈みすぎるので、姿勢が悪くなり安眠できない
・1年も使うとヘタってくる


といった問題が続出し、もう1つのアキレス製のものとの差が歴然としてきました。

そこで、少しもったいなかったのですが、思い切って安いほうのマットレスを粗大ゴミに出し、上記のアキレスのマットレスをもう1つ買うことにしたわけです。

実際、それだけの差はあると思います。
この手の「分厚いマットレス」に関しては、我々の経験からすると、安いものを買うと確実に「安物買いの銭失い」になりますので、ご注意ください。

我が家と同様、本当はベッドを使いたくても、子どもの安全を考えるとそうもいかなくて、床にマットレスという選択肢を取らざるを得ない親御さんも少なくないのではないでしょうか。
そんな時、このマットレスを使えば、ベッド並みの寝心地を確保できて、より安眠でき、すっきりとした頭で療育に取り組めると思います。

そういう意味では、多少は療育にも関係するだろうと思って紹介させていただきました。

※その他のレビューはこちら


posted by そらパパ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。