2010年05月01日

「親学」問題について、とりあえずのまとめ。

いつか記事を書こうかな、と思いつつ、あまりの幅広いトンデモぶりになかなか手が出せないでいるので、とりあえずリンク集的なものを作っておこうと思います。

この件については、機会があればリンクも含め書き足していきたいと思います。
「親学」問題とは?

産経新聞が先月あたりから「親学」と称する、子育てについての論評を掲載しています。
この内容が、端的にいって「テレビやDVDを見せ、昔ながらの遊びをやらなくなった最近の子育てが発達障害を生み出している。昔ながらの子育てをすれば発達障害は予防できるし、治すこともできる」というもので、発達障害に対する誤解と偏見と差別に満ち溢れたとんでもない内容であるために、これが全国紙に掲載されている(ネットでも配信されている)という事実も含め、厳しい批判を浴びているわけです。

これまでにネット上で掲載された「親学」の記事と、それに対するネット上での反応はこちら。

<産経新聞が掲載した記事>

http://sankei.jp.msn.com/life/education/100314/edc1003141845005-n1.htm
【親学Q&A】(5)発達障害の予防
 → この記事へのはてなブックマーク

http://sankei.jp.msn.com/life/education/100419/edc1004190041000-n1.htm
【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう
 → この記事へのはてなブックマーク


<上記記事への関連エントリ>

http://d.hatena.ne.jp/doramao/20100328/1269747604
親が苦でなく親楽でもイイと思う-とらねこ日誌

http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100422/p1
産経新聞が発達障害についての風説を広め、偏見を助長しようとしている件について-俺の邪悪なメモ
 → このエントリへのtweetbuzz

http://d.hatena.ne.jp/lessor/20100423/1272049073
[障害者支援]「治るのか」という問いを問う - lessorの日記

http://d.hatena.ne.jp/STARSIA/20100422
言葉かけだけで発達障害が治るもんか-手に汗をかきながら

http://www.nadita.com/asbbs/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=33606;id=
[#33606] 「発達障害は治る」という産経新聞のインチキ記事 - アスペルガーの館の掲示板

この「親学」にまつわる中心人物は、上記の高橋史朗氏(新しい教科書をつくる会元役員だそうです)以外に、メタモル出版から出版されている「発達障害を予防する子どもの育て方」という本の共著者である、金子保・片岡直樹・澤口俊之の三氏であるようです。

ちなみに、この「発達障害を予防する子どもの育て方」という本、書店に結構並んでいます。
発達障害のお子さんへのかかわり方などについての真面目なタイトルの本の並びに「予防する」という文字があるインパクトは非常に強く、かなり目立ちます。

で、私も手にとって中を開いてみたのですが、まえがきの冒頭にいきなり、「私たちは発達障害を『治す』研究をしている研究者です。」みたいなことが書いてあって、書店で思わず失笑しました。
その「治す」の中身が、「テレビ・DVDを見せない」みたいな七田式っぽいオカルト療育法だったり、何十年前の教えだよと突っ込みを入れたくなるような「言葉かけを増やす」だったり、単に個人の子育て思想を押し付けているだけだろうという「昔ながらの子育てをする」だったりするわけで、これが「治す研究をしている研究者たち」の実態なわけです。

ちなみに、片岡直樹氏が主張している「テレビが自閉症の原因」というのは、大昔に岩佐京子氏が主張して、さまざまな問題を呼び起こした「新しくて古いトンデモ理論」の典型で、上記でも書いたとおり七田式にも引きつがれています。

<関連エントリ>

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87#.E5.8E.9F.E5.9B.A0_2
自閉症-日本での社会的影響-原因 - Wikipedia

http://d.hatena.ne.jp/bem21st/20081121/p1
古くて新しい自閉症テレビ原因説 - ベムのメモ帳

http://soramame-shiki.seesaa.net/article/124700004.html
テレビを消したら赤ちゃんがしゃべった!笑った!(立ち読みレビュー)

http://soramame-shiki.seesaa.net/article/121107350.html#comment
「七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!」をあえて読み解く(2)
※コメント欄に、ベムさんのエントリで触れられている「浅野幸恵」さんが登場しています。


これだけだと単なる「古い説の復古版」なのですが、「親学」は脳科学と称するものを主張の根拠にしており、その点において似非科学でもある、という特徴を有しています。
(ちなみに、上記著書における「脳科学と称するもの」を担当しているのは、澤口俊之・「元」北海道大学教授ですが、なぜ「元」かといえば、セクハラ騒動で退職に追い込まれたためであるようです。)

全体的に、この「親学」というのは、少なくとも発達障害ないし自閉症については、はるか30年以上前に息絶えたはずの古い誤った主張が、「脳科学」という現代的フレーバーで古さをカモフラージュしつつ、ある種の政治思想を伴って復古してきたものであり、思想的にはむしろ障害・障害者への差別・排除意識がある、ととらえるべきものであろうと思われますね。
憂慮すべき動向だと思いますし、今後とも注意して見守っていきたいと思います。
posted by そらパパ at 09:57| Comment(15) | TrackBack(4) | 日々の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「親学」の問題は村上著「心理学で何がわかるか」で指摘している「子育て神話」と表裏一体だと思います。村上氏は親の影響力は1~2%(銀行利子を考えれば決して小さくはないが)と評価しています。どうしても封建的考えの人にとってはこの数値は信じ難いのだと思います。それで願望からその数値を高く見積もってしまい思いつき的な「親学」を想像=創造してしまうのではないかと考えています。
Posted by スカラベ at 2010年05月01日 13:57
スカラベさん、

コメントありがとうございます。

まあ、「子育て神話」みたいなのを信じていなければ、子育てをちょっと昔風にしただけで発達障害になる/ならないなんていう劇的な差が生まれるという発想にはならないでしょうね。

この「親学」ですが、エントリでも書きましたが、以下のような「ストーリー」になっているのかな、という印象を持っています。

・まず「発達障害は予防できる、治せる!」というセンセーショナルなメッセージで注目を集める。

・次に、「脳科学」のような新しそうなキーワードを使って、本当は古くさい理論を正当化する。

・実は本当に主張したいのは社会や教育に対する復古主義的な政治思想であって、「障害」は単にその思想を主張するためのネタとして利用されているに過ぎない。
Posted by そらパパ at 2010年05月01日 16:15
こんばんは。
親学における「脳科学」ですが、ここには、あの「ゲーム脳」の森昭雄氏も名を連ねています。
親学会の出版している書籍『続・親学のすすめ』という本では、森昭雄氏が執筆するなどをしていますし、また、森昭雄氏も『脳力低下社会』という書籍の中で、「親学をやれ」というようなことを主張しています。

高橋史朗氏、片岡直樹氏らは、森昭雄氏が理事長であった(現在は常任理事)日本健康行動科学会という学会で講演を行うなどしているなど、この辺りの繋がりがかなり強い、ということは言えると思います。
Posted by SST at 2010年05月03日 18:58
なんか親学って、素人の私が見ても、都合のいいところだけを寄せ集めた粗雑な論理展開なんですね。人間性知能(HQ)というのは、新しい概念?を創ったのでしょうか。

自閉症に関していえば、冷蔵庫マザーという誤解を解くのにどれだけ年月と先人たちの努力が必要だったかを思うと、親学のような暴論が流行れば福祉や特別支援教育の後退につながりかねないと危惧します。
無責任な回顧主義は勘弁してほしいです。
Posted by めえめえ at 2010年05月04日 09:18
SSTさん、めえめえさん、

コメントありがとうございます。

親学における、というか、そもそも発達障害に「脳科学」をもちだしている議論で、真に検討に値するものはほとんどないという印象を持っています。

結局、自説を力動的に語るよりも、脳の作用で語るほうが科学的に見えて「現代風」ということなのでしょう。

でも、その「脳」で語る部分をトンデモであると看破して主張の真の姿を見るなら、単に「昔の子育てに戻したいなあ」「現代の子育ては嫌いだ」という復古主義、懐古趣味に過ぎないわけです。

「治る」という主張も、「脳」を持ち出してくるのと同様、元のままでは古臭くて誰も相手にしてくれないような復古主義的政治思想に注目してもらうための「撒き餌」のようなものなんだろうと思います。
Posted by そらパパ at 2010年05月04日 20:02
障害を当事者を中心に置いて
①遺伝子、遺伝的特性などの身体性
②育ってきた環境などの経歴性
③現在暮らしている場、働いている職場などの環境
④その環境を制御している規則や法律などの社会的制度
⑤その法律などを作り出している考え、価値観などの思想面
こういう五層、五階建てのハイブリッドな捉え方をしています。

今回の産経新聞の親学の問題は⑤の問題だと思います。

そして、親学自体の思想性、価値観、科学性の問題とそれを広めている流布している産経新聞の編集方針の二つに分けてみるべきだと思います。

「産経新聞社全体を覆うレイシズムや排外主義に関する一種の底が抜けたような無感覚さ」(梶谷懐、かじたに・かい氏)が
http://d.hatena.ne.jp/kaikaji/20100426/p1
高橋史朗氏の親学の、ASD=人間性の欠けたもの、つまり人間のカタチをした獣という価値観に呼応し、許容していると思います。この価値観の行き着く果ては、新たな「夜と霧」ではないかと思います。

高橋史朗氏の親学は脳科学やらで味付けしてありますが、煎じ詰めると>昔から日本人が当たり前に行ってきた伝統的な子育てや「普通の環境」を取り戻すこと<だと思います。それが、産経新聞の保守主義に合うのだと思います。

価値観の部分は、高橋史朗氏の個人レベルなら人それぞれです。発達障害に限らず、障害を持った子が十分なケアを受けているのか心配するよりも、予算、金を気にするような”人間性豊かな”高橋氏や金子氏から、そのような”人間性”にASDは乏しいと評価されのは、むしろASDの私には誇りです。
しかし産経新聞の姿勢は批判されるべきです。個人がどのような考え、価値観をもつのも自由ですが、新聞や出版、放送などメディアに携わるものは、その編集方針によって特定の価値観、考えを選択して広め流布させるのですから、批判の対象になる。(この事をお分かりにならない方がいますが。)

高橋氏はその親学=伝統的子育てを、全ての保護者・親に普及したいと考えています。そのため山車に発達障害を使っていると思います。
だから、扱い方が杜撰。
この4月の記事の中でも
>発達障害は2歳までに発見して対応すれば治り、3歳までなら5分5分、4歳以上では困難になる<とする「金子式治療指導法」
>玉川大学脳科学研究所の塚田稔教授によれば、自閉症は「治らない」とされてきたが早期発見による週30~40時間の集中治療で約半数が治る<という「塚田式集中治療(仮)」を同列に扱っている。全部と半分では全く違う。

親学・伝統的子育てを有効なASD療育法として位置づけるのなら、ASDの親は耳を傾けるでしょうが、非ASD、定型発達の子の圧倒的多数の親にとっては無価値です。そこで圧倒的多数の親に関心を持たせるためのバイアスがかかったASD解釈をしていると思います。その解釈は、ASD当事者や親御さん等への差別を生み、支援の取り組みを阻害する内容です。

その高橋流ASD解釈が産経新聞社の編集方針と合致するため、産経新聞社によって流布され、⑤法律などを作り出している考え、価値観などの思想面に影響を与え、差別や支援の遅れを招く恐れがあると思います。

その高橋流ASD解釈の問題点=「予防」や「治る」=は、改めて、コメントします。
Posted by ヒゲ達磨 at 2010年05月04日 23:39
大手マスコミの報道ともなれば、影響は大きく、特に全国紙ともなればそれなりの慎重さが求められると思います。 私は産経を購読しているので、正直なんだこりゃ!?とも思いつつ、一応切り抜きはしてあります。
先日の世界自閉症啓発デーでは「自閉症の報道について」というテーマでシンポジウムが行われました。
NHKと朝日新聞、明石洋子さんがパネリストとして参加されていましたが、他のシンポジウムはどこかでも聞いたことがあるような内容だったのに対して、このシンポジウムは報道、番組、ドキュメンタリー制作に対していかに現場が悩み、苦悩しているのか生の声が聞かれてとても新鮮な気持ちで聴くことができました。

シンポジウムの様子が動画でアップされています。 音声が一部聞き取りづらい箇所もありますが、参考までにリンクを張っておきます。

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=595&nc_session=e27b43125bc216fb7b6b4347cdce0556

明石さんの報道に対しての要望は、事件報道、トンデモ療法に対しては特に慎重にしてもらいたいとのことで、今回の産経の「親学」については明石さんの言葉の重みを考慮していただきたいものです。

といっても明石さんの書籍、講演については少し疑問を感じるところもあるのですが…

フロアからの質問は受け付けなかったので、一応、アンケートには、いっそのこと、「混迷する自閉症」というテーマでドキュメンタリー番組を制作してみてはいかがでしょう。と記入しておきました。

また、シンポ2では鈴木啓太さんの話が新鮮でした。
Posted by ちったんパパ at 2010年05月06日 03:57
パネリストは明石さんではなく、須田さんでした。
Posted by ちったんパパ at 2010年05月06日 10:11
皆さん、コメントありがとうございます。

「親学」が、まずイデオロギーありきのものであること、そしてそれをメディアに乗せて垂れ流しているところこそが批判されるべきだという点については、まったく同感です。
情報を発信する力が強い者であればあるほど、その発言は(例え個人的な価値観を表明するようなものであっても)公共性を帯び、公益性という観点から批判されうるものとなるというのも、当然のことだろうと思います。

また、世界自閉症啓発デーのシンポジウムの情報ありがとうございました。>ちったんパパさん
長いシンポジウムなので時間のあるときに聞いてみたいと思います。
Posted by そらパパ at 2010年05月06日 22:01
次女が1歳8ヶ月のころ、言葉が出てこないことを心配した母が「2歳で言葉がない子・増えない子「様子を見る」のは危険です」(金子 保 著、メタモル出版)をプレゼントしてくれました。本には「語りかけ」や「あやして笑わせる」ことが自閉症の予防や改善につながるとありました。程度の差はあれ、親なら子供に話しかけるし、あやしますよね。私もそこそこは子供に話しかけ、一緒に遊んでいたので「大丈夫かな」と安心しました。そして、子供との時間をもっと作ろうと努力しました。また、「自閉症は目が回らない」みたいなことが書かれてあり、ヘリコプターごっこをした後、次女がフラフラしているのを見て、安堵したものです。
あれから1年。先月、2歳8ヶ月になった次女は自閉症の診断を受けました。1年前、この本を読んだ直後はテレビの視聴を1日30分に制限していましたが、2歳年上のお姉ちゃんの要求で徐々にそのルールはゆるゆるになっていったので、「テレビの見せすぎが悪かったのかな」と後悔していたところでした。

自閉症と診断され、より知識を深めようといろいろなブログを読んでいたところ、上の記事を拝見し唖然としてしまいました。

本に書かれていた「たくさんあやす」ことや「テレビの時間を少なくする」ことは子供にとって有益なことだと思うので、だまされたとは思いませんが、科学的根拠によるものではないということに狐につままれたような気分です。1年間この本を指針としてがんばってきたのに・・・

りっぱそうな肩書きの人が書いた本だからと鵜呑みにしていました。今後はこちらのブックレビューなどを参考に書籍選びにも慎重になりたいと思います。療育を楽しみながら続けたいと思うので、今後ともよろしくお願いします。
Posted by モナママ at 2010年05月07日 05:54
その高橋流ASD解釈の問題点
一つは、
A群・・>2歳で発語がないか、言葉が増えない子が半数もいることが保護者への調査で判明した。< 「金子式治療指導法」の対象
B群・・>特別な教育的支援の必要な子供は、小学校で11・7%<
C群・・2歳でASDと診断されるか、その可能性が高いと見られる人

C群はB群に中に内包されると思います。小学校で特別な教育的支援の必要な子供の全てが、2歳時点で発語がないか、言葉が増えないとは限りません。

特別な教育的支援には身体的なものもありますし、ASDでもアスペルガーのように言語障害がないタイプもいます。B群、C群とA群は一部重なるが、A群に

内包されていません。

高橋氏は>2歳までの早期に治療指導を行うことが、発達障害の予防<>発達障害の予防に全力を尽くすことが急務<といいながら、肝心の治療指導対

象のC群、2歳でASDの可能性が高いと見られる人を発見する方法、「自閉症の早期診断・早期判定」の方法については、触れていません。現状では、そら

パパさんによれば>医者が診断してくれない1歳半~2歳の段階で自閉症の可能性の高さを判定する方法が欲しくなります。
その早期診断ツールとして活用できるのが、イギリスのCHATおよびそれを改定したアメリカのM-CHATです。<
http://soramame-shiki.seesaa.net/article/17892306.html
日本版のM-CHATは、国立精神・神経医療研究センター、児童・思春期精神保健部のサイトから入手可能です。
http://www.ncnp.go.jp/nimh/jidou/research/research.html

M-CHAT(Modified Checklist for Autism in Toddlers)はアメリカで開発された幼児用(Toddlerとは2歳前後の子どもを指します)自閉症スクリーニン

グテスト、イギリスで開発されたCHAT(Checklist for Autism in Toddlers: CHAT、18ヵ月児を対象とした幼児期自閉症チェックリスト)の改良版です。
この両者に、発語がない、言葉が増えないといった項目はありません。「前言語的な社会的行動のセット」です。
ですから、A群とC群は、全く別の基準で選別されたグループです。A群に有効な「金子式治療指導法」=親学が、C群に有効とは直ちに言うことはできま

せん。少なくとも、A群と重ならないC群、発語があるor言葉が増えるというC群での、有効性の確認・検証が必要だと思います。高橋氏がM-CHATなど「

自閉症の早期診断・早期判定」について触れていないため、この二つの事が読み手にはわかりません。

高橋氏は次のように話を進めます。
高橋氏はB群・特別な教育的支援の必要な子供に対し、米国を引き合いに出して教育「予算を食う」タックス・イーター(tax eater)という刻印を押し

付けます。そしてB群に>発達障害の子供の不登校や軽度の自閉症の子供が増えており<として、ASDの子=タックス・イーターの主役としています。ま

た、ASD=人間性が回復していない、欠けたもの、つまり人間のカタチをした獣という刻印もつけています。
そして、>発達障害は2歳までに発見して対応すれば治り、3歳までなら5分5分、4歳以上では困難<としています。治ればタックス・イーターで無

くなり、人間性も回復しますから、「治せ」治療を施せということになります。

治る、治癒、治療という言葉は、傷付いた皮膚がきれいになるといった、いったん損なわれた身体の状況が、以前の健全な状況へと戻る、回復すると言

う意味合いを持っています。語源的には「治」は“治水工事”を表して、何かに手を加えて正しい望ましい流れに調整する、修繕するという意味を持っ

ています。「癒」は、やまいだれの中に「愈」があります。「愈」は手術の道具を使って、盤に悪いところを移すこと、外科的な処置をして病を運び去

ることで心が愉快になるといった意味。「療」は、ばらばらにもみつぶす意をふくみ、病気をばらばらにして取り去ること。

つまり「治る」、病原菌など外部からの働きかけで乱れた氾濫した身体の状態を、外部からの要因を「ばらばらにして取り去る、運び去る」ことで、正

しい望ましい状態、流れに調整、修繕されることです。「予防」とはインフルエンザ予防のように外部からの病原の侵入の阻止を意味すると思います。

続けます。
Posted by ヒゲ達磨 at 2010年05月07日 13:17
続きです。

>発達障害児にテレビやDVDなどのない生活を用意し、豊かな言葉がけを行うよう保護者に指導したところ、大きく改善した。また「あやし」「笑わせ」「たかいたかい」などを実施したところ、子供が喜び、言葉が出て、人間性が回復することもわかった。
このような昔から日本人が当たり前に行ってきた伝統的な子育てや「普通の環境」を取り戻すことによって、2歳までの早期に治療指導を行うことが、発達障害の予防になり、この「金子式治療指導法」と澤口氏のHQを伸ばす脳科学理論は「きわめてよく一致」すると同書は述べている。<

先に触れたように、高橋氏はC群・2歳でASDの可能性が高いと見られる人の検出法について触れていませんから、読み手は「金子式治療指導法」の対象・A群とC群が別グループであり、「金子式治療指導法」がC群に有効とは直ちに言えないことが判りません。ですから、この記述を鵜呑みにすると思います。この短い文の中には「回復」「治療」「予防」という「病原菌など外部からの働きかけによる病」を暗示する言葉がちりばめられています。

ですから読み手は、テレビやDVDなどのある生活の中での現代の子育てが「病原菌など外部からの働きかけ」になりASD=タックス・イーターになるのであり、親学を学び、実践して>昔から日本人が当たり前に行ってきた伝統的な子育てや「普通の環境」<を与えれば、正しい望ましい状態、流れになりASD=タックス・イーターにもならず、予防でき、>人間性が回復する<などと受け取ると思います。そして、インフルエンザ・ウイルスに侵入されると風邪になるように、テレビやDVDなどのある現代の子育てで、ASDになる”感染”すると思う人もいるかもしれません。

このような「関係性の病」とする考えは「冷蔵庫マザー説」などあり、それが否定されてきた経過を鑑みれば、誤ったものであるのですが、高橋氏はASDへの誤解が拡がっても気にしないと思います。高橋氏はその親学=伝統的子育てを、全ての保護者・親に普及したいと考えています。ですから、高橋氏は、誤解した保護者・親が親学を学ばなければ子がASDになるぞと、親学に関心を持て目的は達します。テレビやDVDなどのない生活を薦めながら、>親学推進協会はDVD「子育ての再生を目指して~科学的知見に基づく子育てのポイント~」を作成し、そうした知見の啓発活動を行っています。【親学Q&A】(5)<と臆面もなく言う態度からも、それが伺えます。

ASDは「たくさんの(遺伝子的)原因があるだろうといわれており、そうした病気の病気の集合体だろうと考えられています。」(久保田健夫氏、山梨大学)であり、①遺伝子、遺伝的特性などの身体性に由来します。ASDは、①遺伝子、遺伝的特性などの身体性が原因です。そうした原因や、それでできる神経系など身体的表現型に働きかけコントロールする手段は、模索されていますが、現在のところありません。
ASDの(遺伝子的)原因、神経系など身体的表現型に直接に働きかけ、「正しい流れに調整する、修繕する」とか「ばらばらにして取り去る」ことは、現在のところできません。ですから、ASDが「治る」とする表現は不適切です。

続けます
Posted by ヒゲ達磨 at 2010年05月07日 13:20
続きです。

治るとされ、「外部からの働きかけによる関係性の病」と見られると、次のような弊害が生まれると思います。
一つは「冷蔵庫マザー説」の経過が示す、保護者、特に女親に対する社会的圧力です。
一つは、インフルエンザ・ウイルスに侵入されると風邪になるように、ASDになる”感染”すると思われることから、”保菌者”であるASDに対する”隔離”、社会的排除を正当化されると思います。
一つは、「外部からの働きかけ」の取り去りやその悪影響が修繕で、ASDから非ASDになる、定型発達者に調整される、回復するとみらるようになること。
一卵性双生児でわかるように、遺伝的、身体性には同じでも認知、判断といった精神活動内容は違います。そうした精神活動は、脳神経系などの身体性の階層に支えられ、制約されて行われる上位の階層と位置づけられますが、その内容はかなりの可変性、自由度があります。それは、ASDの(遺伝子的)原因、神経系など身体的表現型が同じでも、その上に載る精神活動の内容は多様性を持つということです。

そして、それらには言語などを介して働きかける事ができることから、療育など積極的に、精神活動の階層に当事者や周辺の人々のQOLクオリティ・オブ・ライフを向上させるように周囲の人々との共有環境を調整して、デザインされた働きかけができます。こうした周囲からの意図的積極的な設計された働きかけがなくても、本人の適応の結果、ASDの特徴的な神経系など身体的表現型が、QOLクオリティ・オブ・ライフを著しく害う身体性の制約として顕れない「障害として現れない」精神活動内容が形成できます。

この状態は、ASDの特徴的な神経系など身体的表現型が「手を加えて望ましい流れに調整、修繕」された、「取り去」られたのではありません。治ってはいません。ASDにはDSM-5の草案にあるように「but may not become fully manifest until social demands exceed limited capacities(ただし、求められる社会性が限られた能力を超えるまでは、その症状ははっきり現れないこともある)」があります。
ですから、思春期、就職、結婚などによる環境変化で、実際にその社会性が求められるようになってきた段階で、初めてその身体的困難が障害としてたち顕れ顕在化することがある。障害としてたち顕れることがある。治る=”健全”な身体的状況に認識されているとすると、そうした落とし穴が見えません。この落とし穴に成人になってから、就職、結婚などで落ちてしまうと大変です。まず、障害であることを自認できない。

親学のように自分が不適切と考える社会的関係性に因ってASDが起きる「関係性の病」、だから自分が適切と考える社会的関係性にしようと言うのは、高橋氏に始まったことではありません。1986年に出された上野千鶴子氏の「マザコン少年の末路」では、「・・・現在起きている子どもの問題は、むしろ母親の過干渉、過保護によって引き起こされる、母子密着の病理の方がはるかに深刻なんですね。いろんなケースがありますが、子どもの自閉症っていうのがあります。」、、改めて、コメントします。
Posted by ヒゲ達磨 at 2010年05月07日 13:26
私の子が通っている幼稚園の講演会にも来ましたよ、片岡直樹氏。
発達障害についてちょっと勉強したので、
「テレビで言語の遅れが出る!!」等の説に唖然としたのですが、
もっと恐ろしいのが聞いている大半がこの講演の内容に対して何の疑問も持っていないこと。
「テレビの見せすぎって、自閉症になるのねえ、ちょっとは気をつけないと☆」ぐらいにしか思っていないようなのだ。
Posted by たなか at 2012年06月29日 23:17
たなかさん、

コメントありがとうございました。

「親学」の皆さんは、勢力?拡大のために、熱心に活動をしているようですね。

そして、こういう系の悩ましい点は、「間違ってないことも言う」という点にあります。
つまり、言ってることの何割かは正しくて、初めて知った人なら「なるほど」と勉強になるようなこと、そういうことも含まれているわけです。
で、そういう「正しいこと」のなかに、自分たちがいいたい「ヘンなこと」を混ぜてしまうことで、併せ呑ませてしまう、そういうアプローチになっています。

そうすると、おっしゃるように、何となく聞いているレベルの聴衆にとっては、全部が「なるほど、そうだったのか」みたいな感じになってしまうわけですね。
それが恐ろしいところです。
Posted by そらパパ at 2012年07月03日 00:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148395530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

発達障害が親の責任で?
Excerpt: 産経新聞に、発達障害についてこんな記事が掲載された。 【解答乱麻】明星大教授・高
Weblog: アグリサイエンティストが行く
Tracked: 2010-05-04 16:55

[自閉症]親学の産経新聞記事で取り上げられている本の出版社はこんなところ
Excerpt: 世間から非難GO!GO!のいかにも産経クォリティーな記事の件 まずは産経の記事。 ■【親学Q&A】(5)発達障害の予防(産経ニュース) ■【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう(産..
Weblog: ベムのメモ帳
Tracked: 2010-05-05 15:16

明星大学教授・高橋史朗「スキンシップにかかわる遺伝子が情動の発達を促す」産経新聞
Excerpt: ■日本弁護士連合会「東京都青少年の健全な育成に関する条例」 の一部改正に関する会長声明 お見事です ■東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名 を始めました。: 弁護士山口貴士大..
Weblog: しゅういち建設
Tracked: 2010-11-30 15:46

『伝統的子育て』がらみで『親学』推進議員のブログ炎上中
Excerpt:   自民党・下村博文 衆議院議員 東京第11区(板橋)  5期 17年目 ..
Weblog: 発達障害関連の書籍案内
Tracked: 2012-05-31 00:06
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。