2006年05月07日

ABA本系統チャート

以前から作りたいと思っていた、ABAに関連するおすすめ図書の系統図です。

自閉症療育寄り      ⇔      ABA理論寄り
とりあえず最初に読みたい
次に読み進める本
必要に応じて
マニアックに極める


1冊を除いて、すべて内容紹介のレビューがあります。

行動分析学入門―ヒトの行動の思いがけない理由

自閉症へのABA入門―親と教師のためのガイド
自閉症を克服する
応用行動分析学入門

自閉症、発達障害児のためのトイレットトレーニング
A Picture's Worth
自閉症児の親を療育者にする教育

行動変容法入門

Pivotal Response Treatment(PRT)については、まだ読んでいる最中で、レビューは書けていません。
PRTは、上記「自閉症を克服する」の著者であるケーゲルが推進しているABAで、ロヴァース的な早期集中介入を、もう少し短い時間で効率的に実施する方法を模索するものです。「家庭でできる療育」という観点からは、少なくとも「ミーブック」よりはいいだろうということで、紹介させていただきました。

上記チャートについて、簡単に解説します。

ABAを学ぶにあたって、私が絶対にはずせないと思っているのが、最初に登場している「行動分析学入門」です。この本は、他のどの本よりも「ABAとはどんなものか」ということが分かり、ABAの理論的基礎もしっかり身につきます。
自閉症専門のABA本を早く読みたいと思われると思いますが、まずはこの本から。

次の段階としては、「次に読み進める本」の3冊をおすすめします。
個人的に一番おすすめは右の「応用行動分析学入門」ですが、値段が高いのと、やや専門書的なところがあります。読みやすさでは左の2冊のほうがいいと思います。ただし、「自閉症を克服する」はやや効能本的な匂いがしますので、少し距離をおいた読み方をおすすめします。

そこから先は、ニーズに合わせて読む本を選んでください。

ここで、1つ問題が出るかもしれません。
「どの本にもフォーマルトレーニングでやらせるべき課題が載っていない!」のです。課題に関しては、下記のような課題専門の本を別途手配する必要があるかもしれません。

認知発達治療の実践マニュアル

あとは、私が公開しているマッチングカードも、ささやかですが課題として使っていただけます。
posted by そらパパ at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | そらまめ式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
今年の3月からblogを拝読させてもらってます。

4年前に1度、ABAのセミナーに参加した位で、全くABAの本を読んだ事がありませんでしたが、次男が通園しているママ友と話題になり、彼女に「「自閉症を克服する」を貸して貰って読みました。
確かに、「効能本的な匂い」がしますね。

確かに1歩距離をおいて読むにはいいかもしれません・・・

「行動分析学入門」・・・早速、中古で購入しました。
最初に「読みたい本」と勧められる(?)と好奇心を持ってしまいました。
値段も、試し読みするには手ごろな値段です。

「実践」する、というよりも、「知識」を広げる為に読もうと思います。
Posted by けんようママ at 2006年05月09日 11:42
けんようママさん、はじめまして。

HPも拝見しました。
お二人のお子さんが自閉症というのは、子育てにものすごくエネルギーが(体力的にも、精神的にも)いりそうですね。率直に、すごい!と思います。

ABAは考え方が面白いと思います。
人の心は外から見える行動と、それへの関与だけで語れるのか語れないのか?そこに対する考え方が、ABAとTEACCHの分かれ目です。
「-入門」は、薄い本ですので読みやすいと思います。

今後ともブログともどもよろしくお願いします。
Posted by そらパパ at 2006年05月13日 23:24
そらパパさん、はじめまして。

療育担当者の卵です。
去年MIND INSTITUEの夏の自閉症セミナーに
PRTに関するDr. Schreibmanの講義を聞きに行きました。
日常生活で使えて般化が促せること、
「子どもがハッピー。」という点を強調されていました。
PRTが合う子どももいれば、より構造化された方法が向いている子どももいるため、お子さんに合った療育アプローチを柔軟に探す必要があるとのことでした。
最近、自閉症スペクトラムなお子さん達に接して具体的に「どうすれば?」という事が増えてきたので、そらパパさんのリストを参考にさせて頂き、みっちり勉強したいと思います。
Posted by ABA初心者 at 2006年06月19日 10:27
ABA初心者さん、はじめまして。

ABAは洗練されたいい方法だと思いますが、それだけで自閉症児の困難をすべてカバーできるものでもない、というのが私の最近の理解です。
ABAが得意とするのは「既に出ている行動」をコントロールするケースですね。
(このことについては書いたまま放ってあるシリーズ記事がありますので、そのうち公開できればと思っています)

ABAに関する本は、この記事以降も増えていますので、「ブックレビュー」も参考にしていただければと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by そらパパ at 2006年06月19日 23:44
お気に入りリンクに久野ゼミを採用していただいて有難うございます。久野ゼミには療育の道場も、行動療法の用語解説も、ブログも用意しています。気だけは若いのですが、歳のせいか、ボケが相当進行しています。今年中にできれば発達障害児の保護者向きの本と専門家向きの本を出版したくおもっています。保護者向きの本はQ and Aの形式で纏めたいとおもっています。色々お知恵を拝借したいとおもっています。
Posted by Don at 2006年08月05日 11:00
久野先生、

私も、HPのいろいろな場所を読ませていただきました。
私の娘も一時そうでしたが、いまだに多くの自閉症児は、特に未就学児については、「心理の先生の療育」と称して、遊戯療法を週1回受ける程度でお茶を濁されているケースが少なくないと思います。

その一方で、行動療法といえば極めて密度の高い訓練を「熱狂的に」行なうのが唯一のあるべきやり方だという考えが、特にインターネットを見ていると強すぎるように思います。

プロのためのではなく、保護者のための行動療法ということでいえば、私は端的には問題行動のコントロールと自助スキルの獲得に明確に焦点を当ててもいいのではないかと個人的には思っています。
多くの人の(保護者も、プロの側も)関心は音声言語にあるのかもしれませんが、多種多様な困難を持つ自閉症児の音声言語を、マニュアル化された行動療法で何とかするということが現実的に可能なのかどうか、私にははっきり分からないのです。

・・・少し脱線気味になりましたが、今後ともアドバイスなどいただければ幸甚です。
Posted by そらパパ at 2006年08月06日 22:42
行動療法というのは学習理論の臨床的応用なので、先ず動因操作に重点が置かれる必要があります。ところが、現在の自閉症児への行動療法の適用はマニュアルが先行していて極めて不満です。一度でもわたしどもの臨床の場に立ち会われたひとなら、その場が笑いに満ち、極めて楽しい場であることがお分かりになろうかと思います。
Posted by don at 2007年06月15日 07:31
donさん、こんにちは。

さっそく、先生のブログで「動因操作」について触れられている記事を改めて読ませていただきました。

確かに、ただ課題を長時間詰め込むようなロヴァース的自閉症療育では、ご指摘のような動因操作への配慮は多くないように思います。

そのあたりをしっかり勉強するためには、現在出ている本でいうと、ABAの本にとどまらず、実験(学習)心理学まで戻らないといけなさそうですね。私自身も、もっと勉強しようと思います。
Posted by そらパパ at 2007年06月17日 22:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14089584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。