子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2009年08月21日 [ Fri ]

ねこまんまの話題

妻のブログに、娘が最近、自分でごはんを味噌汁につけて「ねこまんま」にして食べている、という記事が載っていました

妻は気を使って伏せて書いたようですが、これは、私がやっていたのを娘が真似した可能性が高いです(笑)。
夕食を食べていて、おかずを食べきったのにごはんと味噌汁が余ってしまったときなどに、自宅の気軽さでねこまんまにして食べたりすることがあった(そしてそれを、欲しがる娘にあげることもあった)のですが、どうやらそれに味をしめて、自分でやるようになったようです。

まあ、確かに行儀のいいことではありませんし、私自身も最近は「悪い手本」にならないよう自粛しているのですが、見た目の印象が悪いということを横に置けば、これはなかなか素晴らしいことなんじゃないかな、と個人的には思ったりもしています。

まず、これは相当高度な「模倣」だということ。
当然、こちらからプロンプトをやってもいないですし、わざわざに注目させたりもしていないわけですから、自分で観察して、自分でゼロから模倣した、ということになります。

次に、やっていることが結構高度な「微細運動」だということ。
娘は、スプーンで茶碗のごはんをすくって、それを味噌汁に軽く通して、そのままスプーンで食べています。スプーンからごはんをこぼさずに、かつ、ちゃんと味噌汁につけて「ねこまんま」として食べるためには、強すぎず弱すぎずの繊細な「スプーンさばき」が必要です。もともとあまり微細運動が得意ではない娘にしては、ずいぶん器用なことをやっているなあ、と感じています。

さらに、食事という行為についての明確な「意図」を感じさせる行動だということ。
昔を思い出すと、娘はもともと食べることは好きでしたが、ごく最初のころには「与えられたものは何でもそのまま食べる」という受動的な時期があり、次に「好き嫌いや食べる順番へのこだわりが出てくる」という、やや自主性が見え始めた時期がありました。
最近は、ソースやマヨネーズなどへの「調味料」への興味(放っておくと親が食べた後の皿のソースをスプーンでかき出して食べたりしますから大変です)が出てきたりもしていたのですが、今回の「ねこまんま」というのは、さらに一歩進んで、「料理」とまでは言わないまでも、かなり「クリエイティブ(創造的)」に、自分の食べたい味や食感を作り出そうとする行為だ・・・ともとらえられます。

2歳くらいの頃を思い出すと、口のすぐそばに食べ物を持っていくと口を開けるだけ(それでも、ほとんどそれが唯一のこちらの働きかけへの「反応」でした)だった娘が、嬉々としてごはんを味噌汁につけて「ねこまんま」を作って食べているのを見ると、私個人は「行儀が悪い」ということより「すごい成長だなあ」という感動のほうが先にたってしまったりするわけです(^^;)。

posted by そらパパ at 21:47 はてなブックマーク | コメント(4) | トラックバック(0) | 娘の話
この記事へのコメント
ASとしては
>発達障害にとって「教えられる」ことは実は非常に困難< であることは療育の場面でも同じだろうから、>自分(発達障害者)なりにいろいろ試行錯誤、工夫していく結果に師(支援者)の助言を体験的に確認< しないと、我流でやらないと身に付かないことを、支援者や親がどれほどわかっているのでしょうかね??
と思っています。

そらまめパパさんのように、きちんと評価できる目を一人でも多くの方がもたれますように!

参照 我流
http://blog.m3.com/adhd_asperger_etc/20090807/1
Posted by ヒゲ達磨 at 2009年08月21日 22:22
そらぱぱさん、こんばんは

子供の成長を実感し、喜べるって素敵ですよね。
ちょうど2歳の頃を比べて、こんな風にできるようになるとはと感動する気持ちは、普通の育児では味わえない感慨深さがありますよね。
自分で要求すれば、それも成長だし、生意気なことを言うのも成長、困らされても、それも成長だと思える、とても素敵なことだと思います。^^
Posted by すみれママr at 2009年08月22日 01:08
子どもが成長しているって実感できるのは、とても嬉しいことですよね。

困った行動(?)でも、そらパパさんのように分析すれば、成長の証と捉えられるんだなあと再認識しました。

障害を持つ子が親からみて可愛いのは、親と濃密に関わる期間が長いからなんだろうなあと思っています。
Posted by はじめ at 2009年08月22日 08:23
ヒゲ達磨さん、すみれママさん、はじめさん、

コメントありがとうございます。

これは以前も書いたことがあるのですが、子どもが今までと違う新しいことをした(している)ときというのは、どんな形であれ「成長」していることは間違いなくて、それに対していい悪いの評価をするのは私たちの価値観の側ですね。

また、価値観の問題に加えて、子どもの行動を勝手に親が「解釈」して意味を与えることも、それをやらないと子どもの行動が理解できないから仕方ないのですが、慎重にやらないといけないことだと思います。

今回の記事で書いていることも、端的には「私の価値観」に基づいた、「私の解釈」に過ぎないわけですが、子どもの潜在的な「伸びる・伸びている力」を支えていけるような「価値観」と「解釈」をもっていたいな、と思います。
Posted by そらパパ at 2009年08月23日 08:39


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126190457
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー