2009年06月18日

思わず

ちょっと目頭が熱くなった

こんな風に、複数のことばを適切に組み合わせて使ったのは、ほとんど初めてなんじゃないかな、と思います。
少なくとも、この3つの単語は「一つながり」じゃなくてばらばらに覚えているはずのものだし、しかもマンドじゃなくてタクトだし。

こういうのって、定着するほど話す機会もないので、消えてしまう可能性が高いだろうなあ、とは思いますが、それでも、個人的にはここ最近では一番嬉しかった話題でした。
posted by そらパパ at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 娘の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タクトって、ほんとにたまにしか表出しないから、
その場に合ったことばが、ポンッと出てくると、
うれしいですよね。

ウチの娘の初めてのタクトはクリスマスイルミネーションを見て「きれいねえ」の一言でした。
「今なんて言ったの?」と訪ねても、何一つ答えてくれませんでしたが。
Posted by あやぱぱ at 2009年06月18日 22:10
 良かったですね。私も、トレーニングをしている子の親が、実は、家でこんなふうに言葉を発しましたと話したときの表情が忘れられません。
Posted by ウルトラマンの父 at 2009年06月19日 22:15
本当に嬉しいエピソードですね^^
でも、最初は「奇跡か?」と思ってしまったようなことも、少しずつ日常になる事もあるんですよね。そう信じたいです。

消えてしまわないように、頻繁に会話に出るように、床屋ごっこ用人形と、おもちゃのはさみを用意するなんてのはどうですかね(??)
Posted by ちょめ at 2009年06月20日 00:22
あやぱぱさん、ウルトラマンの父さん、ちょめさん、

ご支援のコメントありがとうございます。
今回はとても嬉しかったので、普段はあまりこういうエントリは書かないのですが、思わず記事にしてしまいました。(^^;)

ときどきこういうサプライズがあるからこそ、療育も頑張れるというところがありますね。
Posted by そらパパ at 2009年06月20日 01:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121764203
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。