2009年01月15日

MikuMikuDance自作動画倉庫(1)

以前、一度書いたとおり、しばらく「初音ミクMikuMikuDance」を使って、療育などに使える教材や動画が作れないものかと試行錯誤していました。

結局、なかなか動画制作に骨が折れるということと、うちの娘は初音ミクの歌を怖がるようだということで、いったんこのチャレンジはお休みしています。

それにともなって、このチャレンジについて記録していた、「MikuMukuDanceで手話・手あそび歌」というブログも閉鎖することにしたので、ここで、この挑戦の過程で制作した動画やデータをまとめておこうと思います。

1.初音ミクが手話つきで歌う「ABCの歌」


↑ニコニコ動画


↑YouTube

ASL(American Sign Language)と呼ばれるアメリカ式の指文字で、アルファベットを表現したものです。MMD用指文字データはこちら


2.初音ミクが手話(指文字)つきで歌う「いろは歌」


↑ニコニコ動画


↑YouTube

アルファベットと同じく、日本語のあいうえおについて指文字で表現したもの。曲も自作してみました。MMD用指文字データはこちら、この曲のMP3データはこちらです。

次の記事へ続きます。
posted by そらパパ at 22:34| Comment(2) | TrackBack(1) | オリジナル教材 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
娘が難聴で、今は人工内耳装用の聴覚活用教育をしておりますので手話は使っていませんが・・・

以前手話も使っている時は、なかなか指文字を覚えられず苦労していたのですが、そらパパさんの動画で指文字をすぐに覚えることが出来ました。

以前のブログを閉鎖されたようで残念ですが、一言お礼をとおもいコメントいたしました。

ありがとうございます。
Posted by としょいいん at 2011年07月15日 16:17
としょいいんさん、

コメントありがとうございました。

まさか、この動画がそういった真面目な用途で役に立っていたとは・・・。
本当に嬉しく思いました。ありがとうございます。私自身の療育にとっては結果的にあまりうまく役に立たなかったのですが、動画を作って良かったと思いました。

これからもよろしくお願いします。
Posted by そらパパ at 2011年07月16日 21:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111513617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハンドサイン(手話)の可能性
Excerpt: ダウン症児に対してよく指導されているマカトン法については以前も書きましたが、ハンドサイン(手話)も全く同様の理由で療育に大変有効であると思っています。 私は社会福祉系の大学で学んでいたこともあって、聴..
Weblog: 自閉症スペクトラム児・発達障害児のために
Tracked: 2009-01-16 22:55
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。