子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2005年12月24日 [ Sat ]

複数音声・字幕入りDVDを作る(詳細編)(4)

7. メニュー用画像を作る
 DVDAuthorGUI-Jはメニューも手作りです。実は凝ると非常に複雑なこともできますが、ここでは、静止画のタイトルメニューを1枚だけ作る方法を説明します。
 まずは、メニュー用の画像を作ります。720x480のフルカラー画像で、ボタンやチャプター名などの文字も全部画像として作ってしまいます。
 720x480というサイズは、本来の4:3の縦横比に比べ横幅が12.5%多くなっています。背景に画像などを使う場合は、640x480または720x540といったサイズで一旦画像を作り、サイズ変換して横長の720x480というサイズの画像を作ればきれいに作れます。

4:3で作ってからサイズ変更
※このように、4:3で作ってからサイズを変更し、720x480にします。

 画像はJPEGで保存します。あまりサイズが大きいとエラーが出ますので、ほどほどの画質を設定します。

8. DVDをオーサリングする
 ようやく、DVDAuthorGUI-Jが使える状態になりました。
 ここまでで、次のようなファイルが揃っているはずです。

 1) ビデオ編集ソフトで編集後分離した映像ファイル(.m2v)
 2) 分離し、必要に応じて加工した音声ファイル(.mp2)
 3) タイミングを設定した字幕ファイル(.ssa)
 4) チャプタ位置を設定したテキストファイル(.txt)
 5) メニュー用の静止画(.jpg)


 これらすべてを英語のファイル名で、英語名のシンプルなフォルダに置きます。フォルダ名や階層、ファイル名に日本語が入っているとエラーが出ます。できれば、c:\dvdといった、ドライブのすぐ下がいいです。Windowsのデスクトップなどは階層が複雑なうえ、フォルダ階層に日本語が入っているため絶対にダメです。起動したら最初に、ウインドウ右の「DVD形式」が「NTSC」になっていることを確認します。

8-1 基本の映像・音声の指定
 「タイトルの追加」ボタンを押し、上記1)の映像ファイルと、2)の音声ファイルのうち、メイン音声になるものを選択します。

8-2 サブ音声の指定
 「エクストラ」ボタン→「音声トラックの追加」を選択し、2)の音声ファイルのうち、メイン音声以外のものを順次選択していきます。

8-3 字幕の指定
 「エクストラ」ボタン→「字幕の追加と編集」を選択し、3)の字幕ファイルを選択します。
 字幕の表示エリアとフォントサイズの設定は、何度かオーサリングを繰り返して試行錯誤して決めます。

8-4 言語名タグの編集
 「エクストラ」ボタン→「言語名タグの編集」を選択し、すべての音声と字幕が日本語であるという設定をします(これをしないと文字化けするらしいです)。字幕(Subtitle)が1つ、音声(Audio)が3つの場合は、こんな感じになります。

lang_tag.gif

8-5 チャプタの設定
 「チャプター」ボタンを押し、表示されるテキストダイアログの中に、4)で作成したチャプターデータをコピーして貼りつけます。

以上で、メニューのないシンプルなDVDであれば、「オーサリング」ボタンを押せばDVDイメージが作成できます。
次回、最終回として、メニューの設定ともうちょっと複雑な小技を紹介したいと思います。

(次回に続きます。)



posted by そらパパ at 14:42 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記
この記事へのコメント


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10824948
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー