子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2006年06月01日 [ Thu ]

オリジナルDVDのお申込み方法について

※2008/10/28追記:オリジナルDVDのご提供は終了しました。詳しくはこちらをご覧ください。

当ブログでは、オリジナルDVD「おくちがみえる おうたのDVD/ことばのDVD」をご希望の方に提供しております。

denden.jpg

お申込み方法は以下のとおりです。
ご関心をお持ちの方は、ぜひお申込みいただければと存じます。

※DVDお申込み時の連絡先メールアドレスは、「 (そらまめ@kids.email.ne.jp ←スパム防止のために一部ひらがなにしてありますが、ローマ字に直してください)」です。ご不明な点がある場合も、こちらにご連絡ください。

・ご負担金額について
 制作費の一部として、DVD1枚あたり税込800円をご負担ください。送料は枚数に関係なく、10枚まで200円とさせていただきます。

(例)1枚の場合・・・800×1+200=1,000円
   2枚の場合・・・800×2+200=1,800円
   3枚の場合・・・800×3+200=2,600円
   4枚の場合・・・800×4+200=3,400円

お支払い方法は、Amazonギフト、銀行振込のいずれかをご利用ください。

1) Amazonギフトによる方法
 Amazon.co.jp(日本のAmazon)のアカウントをお持ちの場合は、Amazonギフト券にてお支払いいただけます。消費税・手数料などがかからず、Amazonサイトの中でクレジットカードで支払うことができるので安心・おすすめです
 Amazonギフト券のページから、「ギフト券を注文する」を選び、そらパパメールアドレスあてに、代金相当分のAmazonギフト券をお送りください。
 あわせて、eメールにて郵便番号・住所・氏名・ご希望のDVD名を別途ご連絡ください。ギフト券のみですと送付先等が分からず、品物をお送りすることができません。

2) 銀行振込による方法
 銀行振込(三井住友銀行)による発送も承ります。この場合、振込手数料がお客様の負担となります。まずはeメールにてご連絡ください。口座番号をご連絡します。入金後、改めてメールにて「郵便番号・住所・氏名・ご希望のDVD名」をご連絡ください。


DVDに関するお願い
 1. 低コストでDVDをお配りできるよう、簡易包装、冊子小包での配送としています。ケースの破損等についてはご容赦ください。DVDディスク自体の破損がありましたら、メールにてご連絡いただければ対応します。

 2. DVDの作成および発送は、私ないし家族が手作業で行なっておりますので、お申込みに対する返信メールをお送りしてから実際の発送までに、土日を含まず3〜5日程度を要します

 3. DVDディスク自体の欠陥でなく、DVDプレイヤーの再生互換性により再生ができなかった場合については、ご容赦願います。

 4. 現在、発送は日本国内に限らせていただいています。海外からのご注文については、国内のご家族、知人などを経由する方法をお願いしています。ご了承ください。

我が家でも毎日娘に見せているこのDVD、ぜひ皆さんにも試していただければと思います。

posted by そらパパ at 00:10 はてなブックマーク | コメント(13) | トラックバック(0) | オリジナル教材
この記事へのコメント
(一部転載します)
bluelagoonさんから、モニター報告いただきました。ありがとうございます。

3. お子さんに見せたときの反応や新しい発見など
 (第1回)最初に見せたときの様子についての報告
 最初、始まりのアニメ画面に釘付け状態でしたが、お姉さんが最初に出てくる画面に驚いて逃げ出しました。これは、びっくりしただけだったので、直ぐに戻ってきました。1曲目のしゃぼん玉はGouが初めて聞く曲だったので画面からちょっと距離を置いて見てましたが、2曲目のはとぽっぽはGouの大好きな曲なので画面に近づいてきました。どこをみているのか注意してみるとお姉さんを見ているようでした。それとこのとき気づいたのですが、Gouが普段遊んでいる『音が出る童話の絵本』も見ていました。おそらく 好きな歌がどうしてTVから聞こえてくるのかな〜と思ったのでしょう。5曲目のあかいくつはこの曲が流れると怖がって逃げ出しました。
 しばらく怖がって戻ってきませんでしたので一旦、終了しました。
 しばらく時間を置いて見せましたが、初めの画面で今度は逃げ出しました。それで今度はGouの好きな曲を流してみるとトコトコ足音が聞こえてきて部屋のドア付近で聞いてることが分かりましたので、繰り返し この曲を流していると部屋に入ってきて画面をみるようになりました。
 その後は慣れてきたのか他の曲に変えても怖がらなくなりましたが、肝心のDVDには興味をなくしたようで、自分の遊び(ミニカー遊び)などをするようになりました。
 ただ、画面は見てませんがBGMとしては聞いているようで1曲終わる毎にチラッと画面を見てました。
 この日は計4回 繰り返し最初から最後まで流して終了しました。

4. このDVDに関する親御さん・療育・教育担当者としてのご意見・ご感想
 このDVDは喋る時の口の動きがとても画面を見ててわかります。実際 音声を消して見てても何を歌っているのか分かりました。言葉を喋れない息子がお口の動きを真似してくれたら、ほんとに喋るかも・・・という期待が持てました。
 ただ 今の息子は、まだ お口の動きを注意して見ることができない、そういう興味自体をまだ持っていないようです。
 このDVDは最初から画面構成が変わらない(ずっとお姉さんの顔)なので、口の動きが見える映像を流すことで、そのことに興味を持つようにならないかな〜と思いました。
 当面 1日に朝・昼・夕・夜 と1日に4回 映像を流していこうと考えています。

Posted by そらパパ at 2005年12月26日 23:29
bluelagoonさんから2回目のモニター報告をいただきました。ありがとうございます。

(第2回) モニター開始 一週間経過後
   
モニターを始めて1週間経ちました。毎日4回、映像を流しています。
最初の始まりの画面、お姉さんが最初に出てくる画面には、2日目も驚いて逃げ出しました。この時は怖がっていて呼んでも戻って来ませんでした。好きな音楽を流しても戻ってきません。急に出てくるお姉さんの映像が怖いようです。
その日は、半日くらい時間を空けて映像を見せましたが、今度は用心してDVDをセットする時から警戒しているのが分かるくらいでしたので、最初の画面(お姉さんが出てくる画面)を飛ばして2曲目(はとぽっぽ)から始めました。そうすると画面を見ても逃げ出すことなくその後最後まで見ていました。
3日目からは最初の画面を飛ばして見せるようにすると、怖がることなく、それどころか楽しむようになってきました。特に大好きな歌(はとぽっぽ)は画面に近づいて、笑ったりしています。その他の歌も時には画面に近づいたりして楽しんでいます。これだけ楽しんでいるので昨日、1度だけ最初の画面から映像を流してみました。
結果は・・・・ やっぱりダメでした!!  

このDVDに関するご意見・ご感想

息子は歌が好きで、療育で通っている施設でも歌の時間が大好きです。ただ、TVなど映像を伴う歌番組で、ある決まった歌が流れると怖がって逃げ出します。今回、モニターをやって思ったのですが、どうも歌に怖がっているのではなく映像に怖がっているのではないかと思いました。そらパパさんが制作されたDVD、始めの画面だけ他と構成が違います。そして怖がっているのはその始めの画面だけです。歌が始まると映像はお姉さんが歌う画面構成で最後まで続きます。息子は、歌が始まって最期まで変わらない画面だと分かっているので色んな歌が流れても安心して見ていられるのだと思いました。そらパパさんもその辺を考えて制作されたのでしょうね! いや〜本当にすごいです!
Posted by そらパパ at 2005年12月26日 23:31
新たにモニターに応募いただいた「K様」よりモニター報告をいただきました。ありがとうございます。一部転載させていただきます。

子供の反応:
DVDプレーヤーによる再生時:
とりあえずは見ているだけでした。

パソコンによる再生時:
特に見ることもなく、見るのを促しても興味なさそうでした。

ですが、見せて5時間後に赤い靴の歌の一部を口ずさむはじめました。
Posted by そらパパ at 2005年12月26日 23:32
「K様」より、2回目のモニター報告をいただきました。嬉しい効果が出ているようです。ありがとうございます。

さて、DVDですが、毎日一回ずつパソコンで見せていました。
見たり、見なかったりの状態でしたが、それでも継続的に見せておりましたら、本日、突然、数曲をくちずさみました。
しかも一語一語はっきりと発音して歌いだしました。
これまでも、「おかあさんといっしょ」の歌の部分をダイジェストの形で録画して見せていたのですが、歌うことはなく、また歌っても、最初の数語で発音はいまいちでした。

事実はわかりませんが、私が見る限り、カメラアイのような形で、おくちがみえる部分をずっとインプットしており、一気に「歌を口ずさむ」形で発揮したのかなと個人的には感じています。
Posted by そらパパ at 2006年01月02日 08:34
「あやたん」様より、モニター報告をいただきました。ありがとうございます。

早速、娘(2歳10ヶ月)にみせました。

<DVDプレーヤー>
ソニーPSX DESR-5100(誤作動など特になし)

最初の「しゃぼんだま」の曲が流れると、画面の近くに寄ってきて、じっと見入っていました。
一曲目が終わると、「キャー」という嬉しそうな声と、ぴょんぴょんと飛び跳ねる動作を見せました。2曲目からは、あまり集中して見る事はなく、ときどきチラチラと画面を見てはいるものの、他の遊び(おもちゃなど)に興じていました。
私がときどき歌ってあげていた曲になると、また画面の方に近寄ってきてしばらく見入っていました。
2回、見せましたが、同じような反応でした。
まだ口の動きに興味があるとは思われませんでしたが、本人が聞いたことのある歌だと、反応が違っていたので、親の方もいっしょに歌ってあげるといいかな、と思いました。繰り返し見せているうちに反応が違ってくるかどうか、また変化があればお知らせしたいと思います。
Posted by そらパパ at 2006年02月14日 19:35
T様より、モニター報告をいただきました。ありがとうございます。

SANYOのプレーヤー(2003年型)を使用。問題なく再生できました。

お子さんに見せたときの反応や新しい発見など
(広汎性発達障害と診断された3歳半の娘に見せました)
 歌のDVDが大好きな娘ですが、他の物と違う雰囲気を感じたのか、じ〜っと神妙な顔つきで見入っていました。画面内では口以外はほとんど動かないせいか、口元を見ているようでしたので、気が散らないように字幕は消しました。
 何曲かじっと見ていましたが、画面が変わらないことがわかって飽きてしまったのか、他の遊びをはじめました。
 全曲終わると、自分でもう一度再生ボタンを押しに行きましたが、BGMとしてかけておくつもりだけのようで、その後はあまり画面を見ようとはしませんでした。
 翌日以降も見せようとしましたが、途中で自分の好きなDVDに替えてしまい、見てくれませんでした。

このDVDに関する親御さんとしてのご意見・ご感想
 口元に注目させるという点では大成功でしたが、我が家の娘にとっては「エンターテイメント度」が低いらしく、継続して見せることはできませんでした。
 しかし、自閉のお子さん向けに作られたという点では、よく考えられていて素晴らしいと思いましたし、自閉に限定せず、まだ言葉が出ない赤ちゃんに見せる知育教材としても使えるように思いました。

 個人的に気になった点は以下の通りです。
(1) 口元に、より注目させるためには、初期設定では字幕を表示させない方がよいのではないか。
(2)口の動きの模倣を期待するには、もう少しゆっくり歌った方がよいのではないか。第一弾は比較的対象年齢が低い歌だが、その割にはテンポが速すぎるように感じた。
(3)お姉さんの表情が硬く、子供によっては怖がるかもしれないと思った。「あまり口以外の部分を動かしたり、身体を動かしてリズムをとったりしないように」という方針があるのかもしれないが、個人的にはもう少し楽しそうに歌った方が子供が喜ぶのではないかと思った。
Posted by そらパパ at 2006年02月14日 19:38
「Y様」より、モニター報告をいただきました。

早速、見せてみました。
初めは、寝起きだったせいもあってか、ぽけーと見ていました。
2〜3曲になって、お姉さんがほとんど笑わないせいか?
毛布の間から恐る恐る?見たりしていました。
間奏中もテロップがないせいか暇になるみたいで私の顔を見たり、
他を見たりしますが歌いだすと、画面に注目。(うちの子は、テロップが好きなのもので・・・)
お姉さんが歌っている途中、たまに私の顔を見るので
私もはっきりと口をひらいて一緒に歌ってみました。
それを何曲か繰り返し、最後の方は少し、飽きているようでした。

知っている曲(うさぎのダンスなど)は、少し喜んでました。
逆に赤い靴など、暗い曲は、興味なさそうにしていました。
朝、夕と2回、毎日見せてみようと思います。
また、変化がありましたら、ご報告いたしますね。
この度はありがとうございました!!
Posted by そらパパ at 2006年03月29日 22:45
「M様」より、モニター報告をいただきました。

早速今晩子供たちに見せてみました。
次男の反応は・・・いまひとつでした。
じっとテレビを見ることはなく、ときどき目を向ける程度。
長男(こちらはことばの問題等無し)は一緒に口づさんだりしながら、だいたい見ていました。
なにせ今日が初めてでしたので、継続して見せてからまたご報告をしたいと思います。
Posted by そらパパ at 2006年03月29日 22:48
「N様」より、モニター報告をいただきました。

遅くなりました。ご報告いたします。(1歳8ヶ月・広汎性発達障害疑いの娘です)

1.再生したDVDプレイヤーのメーカー、製品名
 パナソニック製 SA-PM2DVD(コンポ一体型)

2.DVDが正しく再生できたか
 動作確認して問題はありませんでした。
 「伴奏あり」「伴奏ひかえめ」「伴奏なし」の3種類のモードの切替もできました。

3. お子さんに見せたときの反応や新しい発見など
 (第1回)最初に見せたときの様子についての報告
 始まる場面では真剣に見入っており、数曲はそのまま見ていましたが6曲目くらいから飽きてしまったようでした。うさぎダンスを聞きながら初めて身振り(踊り)がでました。
 その後、何回か再生しても同じパターンで(最初は見ているが次第に飽きてしまう)、見せ方の工夫が必要かな…と思っております。(BGMとしては聞いているようで1曲終わる毎にチラッと画面を見ます)

4. このDVDに関する親御さん・療育・教育担当者としてのご意見・ご感想
 今の娘には、お口の動きを注意して見ることができない、そういう興味自体をまだ持っていないようです。
Posted by そらパパ at 2006年04月12日 22:25
先日最初の報告をいただいた「M様」より、2回目の報告です。

初日の感想に書きました通り、残念ながら次男の反応はいまひとつのままです。
数曲するとテレビの前を離れてしまいます。この子は耳からの情報が不得手なので、視覚的な刺激が少ない(お姉さんの口元しか変わらないので)画像では退屈に感じるのでしょうか・・・。
もうひとつ考えられるのは、NHKの子供番組で顔が大写しになって顔の体操をする歌があるのですが、これがうちの子が大の苦手でいつも泣いてしまいます。その影響もあるのかしら・・・。

でも、そらパパさんが推薦していた「ことばどんどん あかちゃんえほん」は大ヒットでした。ひざにのせて絵本を読もうとしてもすぐに逃げていた次男がこのえほん(とくに1のたべもの)だと、最後までじっと座ってきいてます。指さしもこの本だとしてくれます。自分ひとりでも本をパラパラめくって絵を楽しんでいます。
Posted by そらパパ at 2006年05月21日 16:51
DVDを購入いただいた「N田様」より、ご好意でご報告をいただきました。ありがとうございました。

私の息子(3歳半)は、画面上に文字が表示される番組は大好きで、エンタの神様をみていつも笑ってます。(アンパンマン等のアニメは興味ありません。)
また、最近言葉が出るようになり、療育施設で覚えた歌をいつも口ずさんでいます。
そんな息子なので、本DVDは間違いなく気に入るだろうと思って購入いたしました。
昨日から、2日続けてみせましたが、やはり画面に釘付けでした。
”はるがきた”は、まだ聞いたことがなかった曲なはずですが、DVDを見た後早速口ずさんでいました。

基本的に人とは目を合わせられない子ですが、DVD画面のお姉さんは大丈夫なようです。
というか、おそらく文字の方をみているのではないかと。。。
口元に注目して欲しいので、しばらくしてから、文字の表示を消して試してみようかとも思っています。
Posted by そらパパ at 2006年05月21日 16:54
当初、モニターのDVDを子どもが見てくれなかったという「KN様」より、追加報告をいただきました。ありがとうございます。

子供に少し変化が見られたので、メールさせて頂きました。

2.3日前の事なのですが、そらパパさんのブログで、新しいDVDを作られたとの事で、サンプルを見ていました。子供も起きていたので呼んで見せてみると、体を揺らして画面を見ていました。
息子は模倣が出来ない子で、お気に入りの音楽が流れると体を揺らすのが精一杯の表現です。
これは、前回送って頂いたDVDも見るのではないかとパソコンに入れて見せてみたらしゃぼんだまの歌では、(こ.わ.れ.て.き.え.た)の部分を一緒に歌っていました。(最近、少しずつですが、自発的な発語が見られます。)
好きな歌の時は体を揺らし、そうでない歌の時は、私の手をマウスに持ってきて(次の曲がいいの?)と聞くと(つ.ぎ.つ.ぎ)と言っていました。
そして時々とばしながらも最後まで見終わると(はい.おしまい)といいました。
画面を消すと、そのままおもちゃの所へ、遊びに行きました。

ちなみにテレビでも流してみましたが、こちらはリモコンを持ってきて大騒ぎでした。
パソコンなら見るのは大丈夫な様です。
それからは、毎日私の手をパソコンに持ってきて見たいとせがんでいます。
Posted by そらパパ at 2006年06月28日 17:57
「ほっけーどー」様からモニター報告いただきました。ありがとうございます。

 申し込んだ当時、5歳だった子どもの障害はPDD-NOSと外斜視+複視でした。

 モニターとしていただいたDVD(第一弾)を最初の術前に見せた時は、(当時複視だったので、視界が霞んでいたようです)画面一杯に写った見知らぬ女性のシルエットで泣き出し、それきり怖がって見ようとしませんでした。

 現在7歳で、PDD-NOS(現在も療育中)のままですが、当時の記憶が残っていないことを確認した上で改めて見せてみましたところ、このような感じでした。

※年齢的には視聴対象のお子さん達よりも高いようなので、お役に立てないかもしれないです。

・「綺麗なお姉さん。歌が上手だね」と言って、最初は黙って見ていた。
・そのうち知っている童謡ばかりだと気付き、幼稚園の頃の話を脈絡もなく始めた。
・リズムに合わせて、体を揺らした。
・自分にとっては見た事がない(記憶に残っていない)DVDだったのに、常時機嫌が良かった。

私の感想は下記の通りです。

・音大のお姉さんなので、音程が安定していてとても聞きやすい。
・リズム感や声の強弱をとても丁寧に表現している。
・障害がなくても、音楽が苦手な子(リズム感や音階を掴みにくい子)にも良い教材になるかも?

 子どもは同じ映像を続けて何度も見ない方なので、また時間をおいて見せたいと思います。
Posted by そらパパ at 2008年01月21日 23:48


コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※コメントはブログオーナーの確認後に表示されます。中傷的内容は掲載しません。
※コメントされた内容の著作権はブログオーナーに帰属します。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10547578
※トラックバックはブログオーナーの確認後に表示されます。

この記事へのトラックバック

書籍ベストセラー