2005年12月04日

オリジナルマッチングカードを作りました。

「おくちがみえる おうたのDVD」に続く、オリジナル教材第2弾を制作しました。
マッチング課題用マッチングカード」です。

matching.gif

クリックするとPDFファイルが開きます。そのままページを開いて印刷するか、上の画像を右クリックで「対象をファイルに保存」でPDFファイルを保存し、それを印刷してください。(カラープリンタを使用してください。)

※PDFファイルを開くには、Adobe Readerというソフトウェア(無料)が必要です。必要であれば下記リンクをクリックしAdobeのウェブサイトからダウンロードしてください。
getreader.gif

あとは、印刷したカードのページを厚紙などに貼るだけで、マッチング課題用の教材として使うことができます。使用方法・手順はカードと一緒に印刷されるインストラクションページに説明してあります。課題の難易度は15レベル+αのきめ細かさでコントロールされ、無理なくステップアップできます。

この教材は、我が家で実際に娘に対して実施し、成果をあげているマッチング課題の内容を体系的に整理し、まとめたものです。
ことばがまったく通じないお子さんでも実施できます(うちの娘もそうですので)。
マッチング課題というのは行動療法でも最初のステップで行なう課題の1つですので、行動療法やABAってどんなものだろう、ちょっと試してみたい、というニーズにも応えられるのではないかと思います。

まずは教材のご紹介まで。後日、もう少し突っ込んだ解説なども書きたいと思います。

(次回に続きます。)

→一部内容を改訂しました。こちらもご覧ください。(12/22加筆)
posted by そらパパ at 09:10| Comment(2) | TrackBack(0) | オリジナル教材 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速、保存しました。
ありがたいです。
Posted by あんあん at 2005年12月04日 13:07
あんあんさん、

コメントありがとうございます。
よかったら使ってみてください。
Posted by そらパパ at 2005年12月04日 23:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。