2017年08月28日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(131)

もともとかなり余裕をみて設定していたスケジュールで12月中旬完成を見込んでいた我が家が、大工職人の人手不足等による手配の失敗で大幅に遅れ、スケジュール内の時間的猶予を使い果たし、さらにそこから2〜3週間ほども遅れそうになってきたということで、我が家的には非常にまずい事態になってきました。

というのも、その遅れによって、家の引き渡しが年を越してしまう可能性が出てきたからです。(12月中旬+2〜3週間=12月末〜1月、ということです。)

そして、引き渡しが年を越すということは、我が家にとって大幅にコスト増になることを意味していたのです。

それは、

住宅ローン減税

に関する問題です。
住宅ローン減税というのは、毎年の年末時点で所有している住居の住宅ローンの残高に対して適用されます。
その減税額は、非常に乱暴にいうとローン残高の1%となりますので、ローン残高1000万円あたり10万円が戻ってくる計算です。
そして、この年の年末時点では、土地と建物の住宅ローンはほぼ全額がまだ残っていますから、減税額として期待される金額も当然数十万円のオーダーになってきます。

ところがこの減税、引き渡しが年を越してしまうと、ゼロになってしまうわけです。
もちろん、年を越してしまったとしても次の年からは減税が期待できるわけではありますが、ここに大きなトラップがあります。

それは、

これからいま住んでいる家を売って、繰上返済する予定がある

ということです。
新しい家に引っ越したあと、いま住んでいる家は売りに出します。
そうすると、だいたい新しい家の土地+建物の住宅ローンの残高の7割くらいの額で売れると期待しているので、売却諸費用を考慮しても、住宅ローンの残高は1/3くらいにはできると読んでいたわけです。

これはもちろんいいことですが、住宅ローン減税にとっては割と致命的です。
ローン残高が1/3になれば、減税額も1/3になってしまうからです。

というわけで、我が家にとっては、どうしても新しい家を年内に引き渡してもらって、最低限の引っ越しを年内に済ませる必要があったのです。
posted by そらパパ at 20:48| Comment(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(130)

さて、上棟が終わると、現場に入る大工の数は一気に減り、だいたいいつも2〜3人くらいで作業が進められていくことになります。

そして、私たちの側も、できることと言えば週末に現場を見に行って工事の進捗を確認することや、施主支給とした資材の発注と搬入、そして電気配線まわりに関連して、コンセントやスイッチの高さや位置の現場での最終確認(これらは、間仕切りの壁ができてしまうと隠れてしまうので)といったことに限られてきます。

そういったことを順にこなしながら10月が過ぎ、11月に入ったあたりで、妙なことに気が付きました。
10月の後半から11月の前半あたりの1か月近くにわたって、工事がほとんど進捗していないように見えたのです。
最短工期に対して1か月くらいのセーフティーマージンを入れて、非常に余裕のあるスケジュールで12月の前半には完成予定だったはずの我が家ですが、11月の中旬になっても、外壁は石膏ボードむき出しでサイディングがまったく張られておらず、室内もようやく床材や石膏ボードが張られたくらいで、いわゆる「内装」には手がつけられていないような状態でした。
明らかに工事が遅れているように見えるのに、土曜日に現場に顔を出しても誰も作業をしていません。

これはおかしい、と思って現場監督に継続的に連絡をとっていたのですが、11月に入っても「大丈夫です、スケジュールどおりです」という言葉を繰り返すばかりでした。
が、それでもなお進まない工事のなか、さすがに隠しきれなくなったのか、11月中旬に連絡をとったときに初めて、「実は、スケジュールが遅れそうです」という「本当の話」が出てきました

現場監督の話によると、大工の人手不足という問題もあって、当初予定していた外壁工事の大工に現場に入ってもらうことができなくなり、代わりの大工を探しているうちに3週間以上が経過してしまい、当初盛り込んでいた日程のセーフティマージンを使い切ってしまった(だから、それまでは遅れていても「スケジュールどおり」と強弁していたということのようです)、ようやく大工のメドはたったが、完成の日程は1週間くらい遅れることになりそうだ、ということでした。

ところが、この話さえもまだごまかしが含まれており、実際に大工が手配できて外壁工事が再開されたのはさらに2週間後で、完成が当初の予定よりも3週間近く遅れることになりそうだという話になってきたのです。

これは、我が家にとっては非常にまずい状況でした。
posted by そらパパ at 20:45| Comment(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(129)

そんなわけで、着工から1か月あまりたった10月の上旬の土曜日に、私たちの新しい家の「上棟」が行われることになりました。

上棟というのは簡単にいうと、家の柱と梁、さらには屋根を建てあげ、家の骨組みを一気に組み上げてしまうというイベントになります。
上棟の前の日には基礎の上に土台が載った程度で、目線より下の部分しかなかった家が、たった1日で家の形の骨組みすべてのみならず屋根までできあがってしまうので、初めて経験するとちょっとびっくりします。
私も知識としてはわかっていましたが、実際に見てみて、そのスピードの速さにはやはり驚きました。

木造の在来工法の場合、最初に柱や屋根などの骨組みを作り、そこから床や外壁をあとで張っていく順序で家造りが進んでいきます。
「上棟」の日に、土台しかないところから一気に屋根まで組み上げてしまいますから、その後雨が降っても、室内にあたる部分がほとんど濡れないで済みます(雨の日は外壁部分にブルーシートを巻きます)ので、雨の多い日本ではこれが大きなメリットになります。
これがツーバイフォー工法になると、1階の床、1階の壁、2階の床、2階の壁、屋根という風に下から順に積み上げていく工法となるため、床はできているけど屋根はまだ、という時期がけっこう長く続きます。そしてこのタイミングで雨が降ると、床が水浸しになってしまうという問題があります。

そんなわけで上棟の日です。
ビルダーに聞くと、上棟が終わったあとちょっとした宴会みたいなのを現場でやる「上棟式」というのは、首都圏では最近はあまりはやらないのだそうです。大工さんも人手不足で忙しいということもあって、彼らも余計なことをやってないでさっさと作業を終えて休んで次の現場に行きたい、というのが本音のようです。
ですので、我が家も上棟式は省略しました。
ただ、職人さんへのチップと、簡単な飲み物などは用意して、作業を始める前の朝いちに、施主として挨拶はすることにしました。

実際には縄が張られる程度でほとんど何も起こらない「地鎮祭」とは違い、実際に家が「建つ」上棟では、妻の実家の両親を含む家族全員が見に来ることになりましたが、やはり長女は何もない現場に長くいられないと思われました。
そこで、ずっと現場にいるのは私一人にして、妻と妻の両親が自宅で交互に長女の面倒をみて、手が空いたほうが現場に上棟を見に来る、というやり方をとることにしました。

上棟当日は朝から大きなクレーンが入り、家の柱や梁、各階の床材・屋根の野地板を持ち上げたりと大活躍でした。
そして、朝早くから始まった上棟工事は、午後の比較的早い時間にはすでに2階まで組み上がり、そこから夕方にかけて屋根の野地板を張る作業を中心に進められました。
そして、日が傾き辺りが暗くなる前にその作業も終わり、夕方5時ごろまでに予定されていたすべての上棟工事が無事終わりました。

屋根まで組み上がった「新しい家」は、基礎だけだった昨日までとはうってかわって大きく広く見え、完成後の新しい生活への期待が膨らんできました。
posted by そらパパ at 23:38| Comment(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(128)

仕様が固まり、地盤調査も終わり、地縄の確認も終わり、着工に必要だと言われた中間金のつなぎ融資も実行され、いよいよ新しい我が家の工事が着工しました。

とはいえ、着工自体は施主が呼ばれるわけでもなく、気づいたら重機が入って工事が始まっている、というだけのものですので、私たちがやったことといえば、「着工しました」という連絡を受けたあとの週末に現地に行ってみて、「確かに工事が始まっているな」ということを確認する程度のことでした。

ちなみに、「着工」したのは、仕様確定の書面にサインしてから約3か月後の8月の下旬でした。

着工して、最初に始まるのが「基礎工事」です。
地盤改良工事が必要な場合は地盤改良工事が先ですが、今回は地盤改良は不要ということだったので、いきなり基礎工事ということになります。
敷地の、家が建つ部分の土が掘り起こされ、ベースとなる砂利が敷き詰められ、セメントが流し込まれ、さらにその上に鉄筋コンクリートの基礎が組み上げられます。
先に触れたように地盤改良工事不要のため、特に杭を打ったりということはなく、ごく薄く表土をセメントに入れ替えたうえでベタ基礎を打つだけのシンプルな基礎工事になりました。

この基礎工事のあいだも、ときどき週末に現場を見に行って、自分なりに勉強した範囲で工事が適切に行われているかを確認したり、後日なにか問題があったときの参考になるよう、いろいろな場所の写真を撮ったりしていました。

あわせて、ビルダーの現場監督の方とも電話で連絡をとりあい、工事の進捗をみながら、基礎工事のあとに続く「上棟」をいつやるのかを話し合うことになります。

というのも、上棟というのは家づくりのなかで特別な位置を占めていて、「できれば大安がいい」みたいな日取りの問題があるのに加えて、工事の性質上、天気がよくないとできないという問題もあり、さらに上棟当日には多数の大工さんやクレーンをはじめとする重機・機材を手配しなければならないという問題もあったりして、日程を決めるのがひと仕事になるのです。

仕様確定の書面を作ったときには、仮の日程として9月下旬の上棟を目指していましたが、大工さんのスケジュールや天候の問題もあり、結局、実際に上棟したのは10月の初旬になりました
実はこのときも、なかなかビルダーの現場監督から連絡が来ず、こちらから再三督促してやっと日程打ち合わせが始まりました。この、動きが鈍くて日程が後ろにずれていく問題は、この後、ずっと私たちを悩ませることになります
posted by そらパパ at 20:16| Comment(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。