子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2016年11月28日 [ Mon ]

自閉症の子どもと暮らす家づくり(93)

さて、続いては「防犯性能」です。

防犯性能についてはちょっと難しくて、いわゆる「家の仕様」で実現する部分というのは、実は第一優先ではありません。
それよりももっと重要なことがあるので、そちらについて(仕様ではありませんが)先に触れておきたいと思います。

防犯については、何をもって防犯性が高いと考えるか?という視点から考えなければならない、と私は思っています。
そして私は、防犯性の高い家というのは、

・犯罪者から狙われる際に優先順位が低くなる家

というのが第一義だ
と思っています。
つまり、例えば空き巣狙いの泥棒がうちの近所にやってきて「入る家」を物色したとき、私の家を見て「入りにくそうだから他をあたろう」と考えてくれれば、それは間違いなく「我が家の防犯性が発揮された」と言えるだろうと思います。

この「防犯性」の優れたところは、単に空き巣だけでなく放火魔でも自動車泥棒でも、すべての「家に近づいてくる犯罪者」に対して有効であることです。

では、そのためにどうすればいいか。
要は、「見た感じ、入りにくそう」「何かやろうとしたら終わるまでに見つかりそう・捕まりそう」と感じられるようにすればいいわけです。

そのために、まず我が家は、

・オープン外構

を前提としました。これは家の仕様ではなく、外構の仕様なのでまた話が別になりますが、簡単に触れておくと、家の周囲にがっつりと塀を設けることをせず、家の建物が外からよく見えるような、「門塀のない家の敷地の構成」のことをいいます。

オープン外構は防犯上弱くなるように思えますが、住宅密集地で周囲に人の目があり、また夜も街灯などで明るさが維持される場合には、一度侵入すれば死角に入れるクローズド外構よりも、すべてが丸見えになってしまうオープン外構のほうが防犯性は高いと言われています。

家づくりにあたっては、オープン外構とすることを前提に駐車場の位置を決め、それを前提に建物自体の敷地内での位置決めを行ないました。

防犯のために次に考慮したことは、

・防犯カメラの設置

でした。
これは間取りのところでも少し触れましたが、外から家を見渡したときにあちこちに防犯カメラがついているような家は、少なくとも「ついていない家」よりは犯罪者にとって「優先順位」が低くなるでしょう。
さらに言えば、防犯カメラはそれまで住んでいた家でもつけていて、実際に何度も何度も(つまらないイタズラとかの犯人を見つけたりするために)役立ったので、「実用性」もあります。
家の正面から見える場所に1つ、玄関アプローチに1つ、さらにやや人気のない家の裏側にも1つ、合計3つの防犯カメラによって、見た目的にも犯罪者を牽制することにしました。(もちろん実際の録画もします)

posted by そらパパ at 22:24 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 療育一般

2016年11月21日 [ Mon ]

自閉症の子どもと暮らす家づくり(92)

さて、新しい家の「仕様」のうち、対災害・防犯性能について書いています。
すでに耐震性能については触れましたが、続いては耐火性能です。

耐火性能については、基本的には、

・省令準耐火

の基準を満たすことを1つの目標にします。

この基準は、ざっくり言うと「外壁や構造躯体が1時間程度の火災まで耐えられる」というもので、外壁については一定の基準を満たした耐火性の高い素材(サイディングなど)を使い、室内については耐火性のある厚い(12mm)石膏ボードでありとあらゆる部分を覆い、さらに部屋と部屋との接合部にも延焼を防ぐような部材を入れ、火災の通り道を作らないようにすることによって実現します。

当然、コストがかかりますが、このコストは実はなかったことにできます。
というのも、省令準耐火にすれば、火災保険・地震保険の保険料が「木造料金」から「鉄筋コンクリート料金」に変わるため、例えば30年分の火災・地震保険料で比較すると50万円くらいは余裕で違ってくるからです。

火災で燃えにくい家になり、しかも実質的にコストはかからないわけですから、省令準耐火を目指さない手はないですね。
まあ、デメリットとしては、間仕切りの石膏ボードが厚くなるのでその分家のなかがわずかに狭くなること、「梁を見せる」といった演出は(石膏ボードで覆わなければならないので)できなくなることなどがありますが、大したことはありません。

むしろ、ローコストビルダーの場合、多くが「うちは省令準耐火はできません」と断ってくるので、そっちのほう(=ビルダー選び)がハードルになってくるパターンが多いかと思います。
というのも、省令準耐火については、家ごとに認可をとるというのではなく、ハウスメーカーが「工法」でもってあらかじめ認定を受けておき、家を建てる際にはその認定を受けた「工法」どおりに建てていることの確認を受けるという流れが基本になっているため、そこまでの手間をかけられない、地元工務店的なローコストビルダーでは難しいわけです。

ここについてもA社は、自社の工法にて省令準耐火の認定を既に持っており、当たり前のように標準仕様で省令準耐火にすることができたので、安心して選ぶことができました。(標準仕様だったので、特段のコストすらかかりませんでした。)

posted by そらパパ at 21:20 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 療育一般

2016年11月14日 [ Mon ]

自閉症の子どもと暮らす家づくり(91)

さて、家づくりにあたって、「間取り」に続いて「仕様」の検討の話をしていますが、次に考えなければならないのは、

・耐震性能
・耐火性能
・防犯性能


といった、対災害性能です。
特に、これらのうち「耐震性能」については、税制面などでメリットを受けられる、

・長期優良住宅

に認定されるためにも重要です。
それだけでなく、個人的にも、耐震性能については特に重視したいと考えていました。

新しい家は2階建てですので耐震性能については実は規制がゆるく、単に建築許可をとり、耐震基準を満たすだけならば、実のところそれほどハードルは高くありません。

でも私としては、そのレベルで満足したくはありませんでした。
なぜなら、新しい我が家は建築法制上は2階建てですが、実際には固定階段つきの12畳を超えるグルニエをもち、しかもこのグルニエは物置になる予定ですから荷物がたくさん入ります。
グルニエにたくさん荷物が入るということは、家全体としては重心が高くなり、地震に弱くなるということです。

ですから、私としては、新しい家には「木造3階建住宅」に求められるレベル以上の耐震性能は絶対に確保しておきたいと思っていたのです。

その点については、実際に建築請負契約に入る前の時点でA社の営業担当および担当建築士の方には話しており、協力をお願いしていました。
そして、契約後に間取りを最終化する時点で、A社側で作成した壁量計算結果を見せてもらい、さらにこの計算結果を外部の建築士の方に見てもらって、セカンドオピニオンまでもらいました
もちろん、私自身も図面を読み込みました。

最初に出てきた計算結果の時点で、建築基準法の最低ラインはもちろん、木造3階建の基準相当の耐震強度も確保できていたのですが、それでもまだ若干の壁量バランスのずれがあり、地震の際にねじれの力が発生する可能性があったため、間取りをわずかに修正し(耐力壁の長さを30cm変えるとか、そういうレベル)、さらに数字を改善して間取りを最終化しました。
最終的には、「ここまでバランス良く耐力壁が配置できている家は珍しい」と外部建築家に言ってもらえるくらい、耐震性能については文句のないレベルまで引き上げることができました。もちろん耐震等級は最上級の「3」です。

posted by そらパパ at 22:54 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 療育一般

2016年11月07日 [ Mon ]

自閉症の子どもと暮らす家づくり(90)

家づくりで、建物の「仕様」を決めていく第一歩は、木造か非木造(鉄筋・鉄骨)か、木造なら在来工法かツーバイフォーか、といったところなわけですが、これについては、

・木造で、
・在来工法、


というところに落ち着きました。

そして、工法が決まると、次に考えるべきは。

・断熱工法

ということになります。

木造在来工法の建物の断熱工法には、大きく分けると

・内断熱
・外断熱


という2つの工法があります。
簡単にいうと、家の骨組みを組んで、板張りの外壁を張った状態に対して、その壁の内側に断熱材を充填するのが「内断熱」、壁の外側に断熱材を張り巡らせるのが「外断熱」です。

一般的に、外断熱のほうが断熱効率は高いと言われていますが、同時にコストも高くなります。安い建売の家はだいたい内断熱です。(この時点で住んでいた建売は典型的な内断熱でした。)

今回は、断熱にはそれなりにこだわる必要がありました。
なぜなら、既に間取りのところで説明したとおり、新しい家の間取りはリビング内階段だからです。
リビング内階段ということはつまり、1階LDKの冷暖房をLDKだけに封じ込めることができず、冷気・暖気は階段を通じて2階、さらにはグルニエにまで抜けていってしまいます。
それでも冷暖房効率を落とすことなく、電気代を抑えるためには、いわゆる「高気密・高断熱住宅」にすることが欠かせませんでした。

ですから、新しい家はできるなら外断熱にしたいと思っていましたが、当初見積もりをとっていたローコストビルダーはほとんどが内断熱で、ようやく見つけた外断熱で比較的安いY社は、玄関や屋根裏がどう見ても外断熱になっていない、一部内断熱の中途半端な謎工法で、選ぶのに躊躇を感じていました。

それに対して、最後に登場したハウスメーカーA社は、なんと外断熱(アキレスボード)と内断熱(吹付けフォーム)を両方やってしまうという力技の「ダブル断熱工法」で、しかも玄関も屋根裏も完璧な外断熱でした
最終的に、この断熱工法の優秀さが、A社を選ぶ決定的要因の1つになったといっても過言ではありません。

そして、このダブルの断熱工法のおかげで、高断熱だけでなく「高気密」の性能も得ることができ、新しい我が家はかなり高レベルの「高気密・高断熱」住宅とすることができたのです。

posted by そらパパ at 21:08 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 療育一般

書籍ベストセラー