2015年09月14日

自閉症の子どもと暮らす家づくり(35)

さて、ここまで、実際の家探しのプロセスを詳しく書いてきましたが、その物件探しの前提として「どういった立地の土地に、どんな間取りの家を建てたいのか」という「家造りコンセプト」とでもいったものを整理していきました。

このコンセプト作りにおいては、長女の今後の生活のQOLと、それとも関連する家族の暮らしやすさを高めていくという「療育的視点」が多分に含まれていましたので、そのあたりについて書いていきたいと思います。

まず、立地について強く意識したことが、

徒歩圏の利便性と安全性

ということでした。

言うまでもないことですが、日常生活というのは家の中だけで完結するものではありません。
「家の外」にある、さまざまな外的環境、社会的リソースまで含めて、私たちの日常生活は成り立っています。
そして、「家の外」に何がどんな風に存在しているのか、ということは、「その土地にどんな価値があるのか」ということとほとんどイコールだと言っていいでしょう。

例えば「渋谷まで直通10分、吉祥寺まで直通15分という、井の頭線のとある駅まで徒歩5分」という立地を選んで住んだとします。
そうするとこれは、渋谷なり吉祥寺にあるさまざまな施設やリソースを、「20分以内の徒歩+電車による移動」というコストで「自分の日常生活の一部」として取り込んで利用することができる環境を選択した、ということに他ならないわけです。
その人は、その「家の外に延長された、それらの社会的リソース(が自分の生活圏にあるものとして手に入ること)」にそれだけの価値があると判断したからこそ、その立地に住むことのコストを支払うことに納得できるわけです。

さて、そういった考え方をふまえて「療育」という視点から我が家にとっての物件探しをすると、「周辺環境」への考え方は、一般的に考えられるものとは少し違ったものになります。

障害のある長女にとって、現実的な意味で自由に利用できる移動手段は、徒歩だけです。
空いている電車なら乗ることはできますが、1人で目的地を選んでそこの向かうことはできず、いろいろな意味で介助が必要です。
また、徒歩といっても自分で信号の色を判断してひとりで信号待ちをし、また交差点をわたるのはかなり難しいといえますので、やはり一定の介助が必要だと言わざるを得ないでしょう。

ですから長女にとって、少なくとも現時点で自分だけで利用することが可能(であるかもしれない)な社会的リソースというのは、「危険な交差点を渡らないで済む範囲の、ごく狭い徒歩圏」のなかのそれに限られる、ということになります。

その、「安全に歩いて行ける範囲」に何があるか。
それが、娘にとっては、大げさにいえば「日々の世界のすべて」に近いといっても過言ではないのではないか
、そんな風に思いました。
posted by そらパパ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。