2013年09月02日

発達障害のある子のABAケーススタディ(ブックレビュー)

献本御礼。
ABA実践の優れた入門書の続編が出ました。


発達障害のある子のABAケーススタディ
井上 雅彦 (著), 小笠原 恵 (著), 平澤 紀子 (著)
中央法規出版

1.行動随伴性とは
 行動随伴性とは

2.Case紹介
 Case 1 休み時間に自傷行動を続けるユミちゃん
 Case 2 大声で泣き叫び、おもらしをしてしまうマミさん
 Case 3 授業中に空中文字を書くヒロシくん
 Case 4 叱責や注意が嬉しいカーくん
 Case 5 爪噛みをするハナさん
 Case 6 教室を飛び出してしまうイチロウくん
 Case 7 激しい他害行動、自傷行動が頻発するタロウくん
 Case 8 脅迫的な確認行動や攻撃行動のみられるミチオさん
 Case 9 授業中の離席や友だちとのトラブルが頻繁にみられるヒロトくん
 Case 10 母親にしつこくつきまとうケンイチくん
 Case 11 いたたまれずに家出をしてしまうユウくん
 Case 12 日常のあらゆることに対して、手伝いを求め続けるカナメくん
 Case 13 授業時間に教室からの逃走行動が多いシンくん
 Case 14 動物に対する攻撃行動がみられるナオキくん
 Case 15 母親や祖母に暴力をふるってしまうコウジくん
 Case 16 脅迫的な確認をするガッちゃん
 Case 17 ぐずぐずしてなかなか教室へ行かないタケくん
 Case 18 衝動的に発言してしまうシマくん
 Case 19 グループホームで物を投げるコウタさん
 Case 20 自分の思いどおりにならないとパニックを起こすアキラくん
 Case 21 授業に参加できないナミさん
 Case 22 通園施設で紙類を破ってしまうタクトくん
 Case 23 教室から出ていってしまうユウコちゃん

3.行動問題とは
 行動問題とは

用語解説
 機能的アセスメント
 行動の機能
 強化と罰
 ABC分析
 分化強化
 機能的コミュニケーション訓練
 プロンプト
 課題分析と行動連鎖
 トークンエコノミーシステムとレスポンスコスト
 セルフマネジメント


中央法規出版様より献本いただきました。ありがとうございます。
(Amazon在庫が切れていたのでレビューのタイミングを少々待っていましたが、ようやく在庫復活したのでレビュー書かせていただきます。)

この本は、以前当ブログで「殿堂入り」させていただいた、同社の「発達障害のある子の『行動問題』解決ケーススタディ」の続編という位置づけになります。(当時のレビュー記事
前著と比較すると、著者が3名になり、前著では推薦文を書いていた井上先生も共著者に加わっているのが分かります。


発達障害のある子の『行動問題』解決ケーススタディ
著:小笠原 恵
中央法規出版

改めて前著も読んでみましたが、ABAの基本のところから具体的な実践につなげていくところが非常に分かりやすく書けていますし、働きかけの対象が「行動問題」(問題行動)に限定されているところも、とてもいいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。