2013年01月28日

ホワイトボードでコミュニケーション(3)

今回のシリーズ記事では、我が家でのホワイトボードを活用したコミュニケーション療育について書いています。

前回までで、我が家で「夕食の献立を表示する」という目的のために、必要に迫られてホワイトボードを導入したことを書きました。



ホワイトボードを実際に導入してみて第一に気づいたことは、娘が、思っていた以上に献立のひらがなを読んで理解できることでした。(これが分かったので、私たちもある程度自信をもって、「絵カード」から「ホワイトボード」に移行しても大丈夫だ、という確信を持ったわけです。)

そして、ホワイトボードを使い始めてまもなく、ホワイトボードで単に献立を表示するだけでなく、それを(食べ終わってひと段落終わるごとに)順に消していくことで、「いまどこまで進んだか」の進捗を表示する機能が加わりました。(これは娘のこだわりが実を結んだものだといえます(笑))

さて、ちょっとホワイトボードの話が末節に広がってしまったかもしれません。
このあたりで、もう一度「本題」に戻って話を進めたいと思います。

そもそも、なぜ夕食のメニューをホワイトボードに表示する「療育」を始めようと思ったのか、というところに戻らなければなりません。

それは、

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 娘の話 | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

ホワイトボードでコミュニケーション(2)

今回のシリーズ記事(というほど長くはならない予定ですが(笑))では、我が家でのホワイトボードを活用したコミュニケーション療育について書いています。

前回の記事と一部かぶりますが、我が家でホワイトボードを療育のために導入したきっかけについて、改めて書いておきたいと思います。

きっかけは、夕食のときに娘がパニックすることが増えてきたことでした。
それまでおとなしくしていたのに、夕食をテーブルに並べ始めると、急に怒り出すのです。

何が原因なんだろう、と、いろいろ仮説を立てて試行錯誤していくうちに、どうやら、夕食で出てきたメニューが「期待していたのと違う」ことが、パニックの原因らしいということが分かってきました
そこで、学校の給食でも実施されているように、「今日のごはんは何が出てくるか」を事前に提示することにしたわけです。

ただ、夕食のメニューは種類が多く、また新商品が出てそれを試しに買ってみたりすることも多いので、あらゆるものを絵カードで用意しておくことは困難でした。
また、仮に用意しておけたとしても、絵カードの「写真」はあまりに一意に内容を示してしまうために、メーカー違いや盛り付け違いなど、絵カードとの「違い」でまたパニックを誘発してしまうんじゃないかという心配もありました。

そこで、絵カードではなく、ホワイトボードを使うことにしたのです。



これは、予想以上にうまくいきました。
ラフなイラストとひらがなの文字だけしか書かれていないにも関わらず、娘はちゃんとそれを読んで、夕食の献立が何であるかを理解してくれました。

つまり、ホワイトボードを最初に導入したときの理由は「絵カードよりも柔軟に、多種多様な(かつ新しいものも出てくる)アイテムを提示するため」だったわけです。

ところが、興味深いことに、実際にホワイトボードを使い始めると、娘が新しい手順にこだわり始めました

それは、
続きがあります・・・
posted by そらパパ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の話 | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

ホワイトボードでコミュニケーション(1)

さて、我が家では最近、療育用途で非常に活用されているものがあります。

それは、「ホワイトボード」です。

主にスケジュールを表示する目的で、単独で、もしくは絵カードと併用して大活躍しています。

具体的には、こんな感じで使っています。

ホワイトボード

ちなみにこれは、朝おきてから登校までのスケジュール(手順)を描いたものです。
毎夜、娘が寝室に行ってから妻が翌朝用に描いています。

我が家で、ホワイトボードを使い始めたのには、いくつかの理由がありました。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 娘の話 | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

電子タイマーキットについて、振り返り。(3)

新年最初の記事は、昨年の続きの電子タイマーの話題にしようと思います。

”タイムタイマーに代わる療育用タイマーを自分で作りたい。”

そう思い立って情報収集を続けるなかで、その思いを実現する具体的な方法として、PICマイコンとLEDを使って自分で(電子タイマーとして)作る、というアイデアが少しずつ形になってきました。

今回は、既存の工作キットを作るのではなく、回路もプログラムも一から作らなければならないので、とりあえずは「試作環境」が必要になります。

そのための具体的な環境として、ブレッドボードとPICマイコン書き込み機を用意しました。

ブレッドボードというのは、はんだづけをしなくても電子回路を作ることができる、試作・設計用の板です。
実はブレッドボードは電源を確保するのが面倒なのですが、これは私は別途5VのACアダプタと、そのACアダプタのコネクタにコードを継ぎ足したものを作り、それを使って確保しました。

サンハヤト ニューブレッドボード SAD-11

サンハヤト ニューブレッドボード SAD-11
価格:2,174円(税込、送料別)

サンハヤト ジャンプワイヤキット SKS-140

サンハヤト ジャンプワイヤキット SKS-140
価格:945円(税込、送料別)


↑ブレッドボードです。

そして、PIC書き込み機は、何台か安物を買って失敗してしまったのですが、最終的に秋月電子のこちらの書き込み機が、高かったですが非常に安定していて、結局現在でもこれを使っています。
面倒な信号戦の引き出しも不要(基板上のソケットにPICマイコンを差し込むだけで書き込める)ですし、PICマイコンの製造元、マイクロチップ社の純正のライティングソフトが使えます。

これらの機材を用意したうえで、電源、PICマイコン、LEDといった必要最小限の部品で構成した回路をブレッドボード上に作成し(最初の回路の作成にあたっては、前回ご紹介した書籍などを参考にしました)、回路を修正したり、プログラムを少し書いて試してみたりして、少しずつ自分ができる範囲で、LEDによるタイマー回路とそのプログラムを作成していきました。

このタイミングで新たに出会った重要パーツが、「マトリックスLED」です。

当初のイメージでは、LEDについては、既存の(療育用)電子タイマーと同様、10個くらいのLEDを並べ、それで時間を表現しようと考えていました。
でも、それだとLEDの数が少ないため、量的な変化をあまり明確に表現できない恐れがありました。
また、PICマイコン自体の最大出力電流の制約により、あまり多くのLEDを同時点灯できないという技術的な問題もありました(たくさん同時点灯しようと思うと、アンプ的な回路が必要になって難易度が上がる)。

そんなとき、これまた秋月電子で偶然出会ったのが、特価100円で大量に売っていた、8×8のマトリックスLEDです。(マトリックスLEDとは、たくさんのLEDがまとまって並んでいるモジュールのことです)


↑マトリックスLEDです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル教材 | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

あけましておめでとうございます。

当ブログにお越しくださっている皆さん、

あけましておめでとうございます。

今年も当ブログをよろしくお願いします。

さて、当ブログの今年の抱負?ですが…
まあ、これはここ数年毎回書いていることですが、当ブログの第一の目的であった、「負担なくできる療育の一般的な技法についてご紹介する」ということについては、もう個人的にはおおむね終わっていて、逆に私個人で書けるコンテンツとしては書き尽くしているということもあって、そろそろ違う話題、違うブログやSNS等に本格的に移行していくべき時期に来ているなあ、と思っています。

ですので(これも去年も書いている気がしますが)、当ブログのコンテンツをいかに「再利用可能」な形にもっていくのか、というのが実は今年の大きなテーマかなあ、と思っていたりします。

それと、上にも書きましたが、ここ2、3年で新しいブログを2つ立ち上げています。
それら当ブログ以外のブログもよろしくお願いします(笑)。

ガジェット連絡帳(ちょっと療育)
カジュアルゲームを楽しもう

あと、今年、動向が気になっていることの1つに「親学」がありますね。

ここ何年かのあいだに、自閉症・発達障害の支援をとりまく環境は劇的に改善したと思っていますが、逆にここ2~3年は、不況が続くことに伴う福祉の見直しがだんだん現実化してきたのも事実です。
そういった流れの中に登場した「親学」の動向に、目を光らせていかなければいけないな、と思っています。
そういった個別の話題に対して、当ブログでも継続的に情報発信していければと思います。
posted by そらパパ at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の話 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。