2012年02月27日

殿堂入りおすすめ本・まとめて再レビュー(17)

過去に「殿堂入り」として強くおすすめした本を、現在の視点から改めてレビューしつつ、まとめなおすシリーズ記事の17回目です。

現在は、ABA以外の療育法について書かれた本をご紹介しています。



発達の遅れが気になる子どものためのムーブメントプログラム177(レビュー記事

こちらで紹介されている「ムーブメント」というのは、さまざまな道具を使い、身体の動きを通じて、感覚・運動・認知といった領域に働きかける療育法です。

そのままでは反応性が弱く、うまくかかわりにくい自閉症のお子さんに対して、道具をうまく使ってかかわりのきっかけを作り、そこから療育に進んでいくというのはとても合理的な考え方だと思います。

ですから、道具(しかも、家庭でも用意できるような比較的小道具的な道具)を使った療育のアイデアが満載のこの本は、子どもとのかかわりのきっかけ作りに最適な本だと思います。

この本については、つい1か月ほど前にご紹介したばかりですので、より詳しいレビューについてはそちらをご覧いただければと思います。


<おすすめできるその他の本>

さて、ABA系以外の(どちらかというと「TEACCH系」の)本で、殿堂入りしているものはこれだけになりますが、殿堂入りしていない本のなかでも、比較的おすすめできる本を、ここで一旦まとめておきたいと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

殿堂入りおすすめ本・まとめて再レビュー(16)

過去に「殿堂入り」として強くおすすめした本を、現在の視点から改めてレビューしつつ、まとめなおすシリーズ記事の16回目です。

前回のレビューから非常に期間が空いてしまいましたが、現在、ABA以外の療育法について書かれた本をご紹介しています。



あなたが育てる自閉症のことば(レビュー記事

この本はちょっと位置づけが難しいです。
「具体的に音声言語を教える本」ではまったくありません。それどころか、より広い意味での「言語訓練」の実践方法についても、あまり触れられていないと言っていいでしょう。
続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

自閉症児をもつ家族のためのセカンドハウス(21)

これまであまり前例のない、「自閉症児と家族のためのセカンドハウス選び」というシリーズ記事をこれまで書いてきましたが、今回の第21回で、いよいよ最終回になります。



7.セカンドハウスを活用する(続き)

セカンドハウスを活用した生活に慣れてきたら、ぜひ検討していただきたいのが、自転車を持ち込んでみるというアイデアです。

現地で買ってもいいですし、折りたたみ自転車を車で運んでもいいと思います。

マンションの自転車置き場を契約するか、規約上問題がなければ部屋まで持ち込んで玄関などで保管しておきます。(雨ざらしで保管するとあっという間に使えなくなるので、できるだけ屋根などのある室内に近い環境で保管する必要があります。)

自転車が一台あると、ちょっとした買い物や、近所の観光地にぶらっと出かけて気ままに写真撮影を楽しむなど、便利に使え、活動の幅が広がるでしょう。
特に、コンビニなどのお店が少し遠くにあって、でも車を出すほどでもない、というときには、自転車はとても役に立つと思います。


もうひとつの「活用アイデア」は、ご両親や親しくしている親類、知人、友人などにも使ってもらうことです。

安価な宿泊を楽しんでもらえれば、普段サポートをもらっていることへの恩返しにもなりますし、使ってもらうことで空気の入れ替えもでき、物件の状態を保全するのにもいい効果もあります。
寝具の数とスペースさえ確保できれば、友人や親類と一緒に泊まって観光を楽しむ、なんてことも可能ですね。

観光地なら周辺にも宿泊施設はたくさんありますから、友人を呼んで、宿泊は別のところに取ってもらいつつも、マンションを「拠点」「休憩ポイント」にして観光を楽しむこともできるでしょう。(これは我が家でも実際にやってみたんですが、結構うまくいきました。)


そして・・・

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

自閉症児をもつ家族のためのセカンドハウス(20)

これまであまり前例のない、「自閉症児と家族のためのセカンドハウス選び」というシリーズ記事の、第20回です。
今回と次回は、実際の活用について書いていきます。この2回の記事で、このシリーズもようやく終わりを迎える予定です。



7.セカンドハウスを活用する

さて、これまで書いてきたようなプロセスを経て、晴れてセカンドハウスとして観光地エリアのリゾートマンションが手に入りました。
せっかくの高額な買い物ですから、ぜひ積極的に活用しましょう。

まずは、必要最低限の家具や寝具を用意する必要があります。

我が家の場合、家族分の寝具とリビングに小さなテーブル1つだけ、というところから最初の宿泊に挑戦しました。
引越し業者に頼むのも面倒なので、マイカーに寝具を少しずつ詰め込んで、まず私が荷物だけを積んで自宅とマンションを2往復ぐらいして自分だけが泊まる、というのを2回ほど繰り返して、何とか家族分の寝具が運べたところで家族全員で泊まってみることにしました。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。