2011年12月19日

自閉症児をもつ家族のためのセカンドハウス(16)

これまであまり前例のない、「自閉症児と家族のためのセカンドハウス選び」というシリーズ記事の、第16回です。
今回は、現地の物件見学で、実際に共用施設や部屋を見るときの注意点についてです。



5.現地見学する(続き)

現地のマンションでは、不動産業者の営業マンは、大浴場などの共用施設と売り出し中の部屋を案内してくれます。

まず、共用施設について。
大浴場(サウナ)、プール、テニスコート、フィットネスルームなどがあります。ひととおり見せてもらいましょう。
写真もどんどん撮るべきですが、大浴場は(特に利用可能時間帯は)撮影禁止の場合も少なくないと思います。

共用施設のチェックポイントは、「管理の状態」と「利用可能時間帯」です

続きがあります・・・


posted by そらパパ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。