2011年08月22日

自閉症児をもつ家族のためのセカンドハウス(1)

このエントリは、もう何年も前からいつか書こうと温めていましたが、タイミング等を逸してずっとお蔵入りになっていたシリーズ記事です。
ただ、その後、子育て・療育を続けてきて、ここで取り上げようとしている「我が家の選択」が、我が家にとって間違いなく意義のあるものだったと確信するに至ったので、書いてみることにしました。

具体的に言ってしまうと、「通常の旅行が難しい、障害ある子どもと家族が安心して利用できる『旅の拠点』として、セカンドハウスを買いました」というお話です。

我が家では、2006年の年末、娘が4歳の頃に、富士五湖エリアに中古マンションを買いました。主としてセカンドハウスのニーズに応える、いわゆる「リゾートマンション」と呼ばれるものです。
バブルの頃に大量に建築されたリゾートマンションは、誰も住まなくなってスラム化しているものもありますが、いい状態で管理され、定住者がいるような良好な物件も、探せば見つかります。
そういった中古物件のなかから、交通の便がよく、娘がパニックを起こしても迷惑になりにくい部屋(要は階下に居室がない)で手ごろな値段のものを見つけて、ローン購入しました。
そして、いまでもそれを手放さずに持ち続けて、利用しています。



続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 療育一般 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。