2011年05月02日

「子育ての工夫」としてのABA入門 (15)(完)

家庭の療育に活用するための、ABAの考えかた、使い方についてご紹介するシリーズ記事の、第15回にして最終回です。
今回は、いわゆる「ポイントカード」についてと、あとがきです。


4.ポイントカードについて

自閉症療育でよく使われるのが、「ポイントカード」です。
これは、家事や課題など、子どもが期待される行動をしたときにシールや花マルなどの「ポイント」を与え、ポイントが一定数たまったら、欲しいものが手に入ったりやりたい遊びができたりする、というシステムです。

少し考えると、これはABAの「強化」のしくみを応用していることが分かりますね。

ポイントがたまったときに手に入るものや遊びが、「ごほうび」であることはもちろんです。
そして、その「ごほうび」を手に入れることができる権利=ポイントも、子どもがその意味を理解することができれば、同じように「ごほうび」としての力を発揮します。

これによって、

・全部強化のメリット=望ましい行動をするたびごとに「ポイント」を与えることで、望ましい行動を着実に強化できる
・部分強化のメリット=ポイントがたまるまではリアルな「ごほうび」を与えずに済むので、「ごほうび」の総量を抑制できる


という、2つのメリットをうまく両方とも得ることができるため、家庭でのABA療育でもしばしば利用されます。

ポイントカードの仕組みを活用するときのポイントは以下の通りです。

続きがあります・・・


posted by そらパパ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。