2010年08月30日

3た論法から療育リテラシーを考える(6)

インチキ療法にだまされないための基礎的な論理武装としての「療育リテラシー」について、「3た論法」という観点からまとめているシリーズ記事の、第6回です。

「3た論法」とは、以下のような「理屈」で、ある療育法の有効性を主張する、誤った論理構成パターンのことを指します。

「ナントカ療育を試した・良くなった・ナントカ療法は効く!」

以下が、これまでご紹介した「3た論法」にまつわる問題点です。

(1)そもそも「3た論法」は、因果関係を示しているものではないこと、

(2)「脱落効果」によるサンプリングの偏りが、効果のない療育法を効果があるように見誤らせることがあること、

(3)有効性があるという「結果」は公表され、そうでない結果は公表されないことで効果が過大に評価される「発表バイアス」があること、

(4)悪い状態を「基準点」にすると、その後は自然に「より良くなる」可能性が高くなるという「平均への回帰」があること、

(5)発達の一方向性と離散性により、自然な発達にみられる「できるようになる」瞬間を、療育の効果と見誤りやすいこと。


だんだん疲れてきました(笑)。
残りは少し急ぎ足で書いていくことにします。


(6)観察者バイアス

「この療法でよくなるはずだ」という先入観をもって「観察」すると、実態以上に「よくなっている」かのように見えてしまうという心理的効果のことを、「観察者バイアス」と呼びます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

3た論法から療育リテラシーを考える(5)

インチキ療法にだまされないための基礎的な論理武装としての「療育リテラシー」について、「3た論法」という観点からまとめているシリーズ記事の、第5回です。

「3た論法」とは、以下のような「理屈」で、ある療育法の有効性を主張する、誤った論理構成パターンのことを指します。

「ナントカ療育を試した・良くなった・ナントカ療法は効く!」

「3た論法」の問題点として、これまでの記事で、

(1)そもそも「3た論法」は、因果関係を示しているものではないこと、

(2)「脱落効果」によるサンプリングの偏りが、効果のない療育法を効果があるように見誤らせることがあること、

(3)有効性があるという「結果」は公表され、そうでない結果は公表されないことで効果が過大に評価される「発表バイアス」があること、

(4)悪い状態を「基準点」にすると、その後は自然に「より良くなる」可能性が高くなるという「平均への回帰」があること、


などを紹介してきました。

ずいぶん増えてきましたね。
これほどかように、療育などが「効いた!」と断定的に主張することは難しく、安易に言ってはいけない(逆にいえば、安易にそのような主張をする「療法」に対しては眉につばをつけて接しなければならない)ということなのだ、と言えます。

で、実はまだ「終わり」ではありません。
自閉症療育における「3た療法」のなかで、「効いた!」という判断を誤らせる「要素」は、まだまだあります。

その中でも、自閉症(ないし多くの発達障害)における大きな要因としてあるのが、

(5)発達の一方向性と離散性

です。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

サイドバーとブックレビューを更新しました。

前回のアップデートから4か月近くたってしまいましたが、本日、当ブログの左サイドバーにあるナビゲーション用のリンク一覧と、ブックレビュー一覧のページを更新しました。

これにより、今日時点までの過去のほとんどの記事に、これらのリンクから漏れなくアクセスできるようになっているはずです。ぜひご活用ください。

※ちなみに、ブックレビューは、各項目ごとに、基本的に上にあるものほど新しくレビューしたものになります。
posted by そらパパ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

論理病をなおす!―処方箋としての詭弁(ブックレビュー)

抜群の面白さ。クリティカル・シンキング力養成の副読本として。


論理病をなおす!―処方箋としての詭弁
著:香西 秀信
ちくま新書

序章 馬鹿だから詭弁に騙されるのではない
第1章 詭弁なしではいられない
第2章 曖昧さには罠がいっぱい―多義あるいは曖昧の詭弁
第3章 弱い敵を作り出す―藁人形攻撃
第4章 論より人が気に喰わない―人に訴える議論
第5章 一を教えて十を誤らせる―性急な一般化
あとがきにかえて―語学の達人に学べるか?

本書は、レトリック(修辞学、文章の表現技法)を専門とする国語学者である香西氏による、「詭弁」についての本です。

詭弁というのは、論理的にはおかしなことを、あたかも正当な論理であるかのように表現し主張することで、議論を自らに有利に展開しようとする「アンフェアな議論の手法」のことを指します。例えば以下の例も詭弁の一種です。

先生「学生にとって、勉学は何より大切だ」
生徒「学生は勉強さえやっていればいいというのはおかしい」


続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

b-mobileのモバイルルータ買いました。

Twitterをよく使うようになったり、先日の夏休みのように家族で長期外泊したりすると、外でインターネットできる環境が欲しくなります。

そんなとき、一番無難な方法はiPhoneなどのスマートフォンに買い換えることですが、現在使っている携帯電話のしばりもあるし、どちらかというと「スマートフォンが使いたい」という限定的なニーズというよりは、もっと汎用的に「インターネットが使いたい」というのが本来「やりたいこと」なので、モバイルルータ(携帯電話のネットワークを使って外で無線LANを利用できる端末)の購入を検討することにしました。

家電量販店などでは、モバイルルータというとほとんどe-mobileのPocket Wifiか、バッファローのモバイルルータを使ったドコモ回線プランばかりなのですが、これらはモバイルルータ本体も維持費も非常に高く、2年間のしばりの間に払うべきコストは10万円を超えてきます。(よく1円パソコンとかありますが、あれはその後の月額使用料が割高に設定されていて、結局、割引額以上を自己負担することになるだけの、まったく意味のない買い物です。注意しましょう。)

さすがにこんなに高い買い物はできないので、「激安モバイルルータープラン」として有名な、b-mobileのモバイルルータとSIMカードを買うことにしました。
ちょっとびっくりしますが、Amazonで普通に「商品」として値引き販売されていて、普通に買えてしまいます。



bモバイル・WiFi ルータ BM-MF30
bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS
日本通信

両方足して3万円ちょっとですが、これで、自分のものとして自由に使えるモバイルルータと、ネットワーク回線の半年間の使用権が手に入ります。しかも使えるネットワークは、つながりやすさで定評のあるドコモのFOMAネットワークです(ただし、回線速度が300kbpsに制限されています)。これ以外にかかるコストはありません
半年間使い切ったら、クレカ払いで自動更新することも、そのまま使用を止めることも自由です。つまり、モバイルルータ代を別にすれば、月々の使用料は2000円ちょっとと非常にリーズナブルに済ますことができるわけです。


↑届きました。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

3た論法から療育リテラシーを考える(4)

インチキ療法にだまされないための基礎的な論理武装としての「療育リテラシー」について、「3た論法」という観点からまとめているシリーズ記事の、第4回です。

「3た論法」とは、以下のような「理屈」で、ある療育法の有効性を主張する、誤った論理構成パターンのことを指します。

「ナントカ療育を試した・良くなった・ナントカ療法は効く!」

前回までで、

(1)そもそも「3た論法」は、因果関係を示しているものではないこと、

(2)「脱落効果」によるサンプリングの偏りが、効果のない療育法を効果があるように見誤らせることがあること、

(3)有効性があるという「結果」は公表され、そうでない結果は公表されないことで効果が過大に評価される「発表バイアス」があること、


についてご説明しました。今回はその続きになります。

実際には効果のない「療法」に効果があるように錯覚するトリックの1つとして、

(4)平均への回帰

というのもあります。

以下の「3た論法」をご覧ください。

「頭が痛い・サプリを飲んだ・頭痛が消えた!」
「下痢気味だ・おなかマッサージをした・下痢が治った!」
「最近パニックが多い・なんとか療法を試した・パニックが減った!」


実は、この3つの「3た論法」は、構造的に非常によく似ているところがあります。それを今回お話ししようと思います。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 19:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

3た論法から療育リテラシーを考える(3)

インチキ療法にだまされないための基礎的な論理武装としての「療育リテラシー」について、「3た論法」という観点からまとめているシリーズ記事の、第3回です。

「3た論法」とは、以下のような「理屈」で、ある療育法の有効性を主張する、誤った論理構成パターンのことを指します。

「ナントカ療育を試した・良くなった・ナントカ療法は効く!」

前回は、

(1)そもそも「3た論法」は、因果関係を示しているものではないこと、

(2)「脱落効果」によるサンプリングの偏りが、効果のない療育法を効果があるように見誤らせることがあること、


から、「3た論法」では、たとえ具体的な数値を事前・事後で比較して「良くなっている」ことを示したとしても、それがその療法の有効性を示すものにはならないということをお話ししました。

今回からは、「3た論法」のうち、真ん中の「良くなった」という「効果の判断」そのものを誤らせるような、いくつかの計測上あるいは心理的な効果・影響についてまとめていきたいと思います。
これらの効果・影響によって、本来は「効果がないもの」を、あたかも「効果がある」ように「計測」してしまうことがあるのです。

まずその1つめとしてあげられるのが、

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。