子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2010年05月31日 [ Mon ]

ライブ・自閉症の認知システム (13)

このシリーズ記事は、先日、石川にて行なわせていただいた講演の内容を、ダイジェストかつ再構成してお届けするものです。

…かなり長くなりましたが、ここまでが、私が考える「自閉症の認知システム」という話題についてのお話でした。
恐らく、ほとんどの方にとっては、今まで聞いたことがないような話だったんじゃないかと思いますので、クイズ形式で簡単におさらいをしておこうと思います。


Slide 16 : ここまでのおさらい

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 23:05 はてなブックマーク | コメント(5) | トラックバック(0) | 理論・知見

2010年05月30日 [ Sun ]

今般の花風社関連のトラブルについて、正式に弁護士に依頼しました。

当ブログをご覧くださっている皆さん、特に、ここ最近続いているトラブルについてご心配くださっている皆さんに、ご報告があります。

今般の花風社関連のトラブルへの対応のため、弁護士に正式に依頼することとなりました

相手方より、ネットでの攻撃に留まらず、リアルでも善意の第三者にダメージを加える不当な行為が繰り返されているための、やむを得ない判断です。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 19:53 はてなブックマーク | コメント(19) | トラックバック(2) | 花風社関連

2010年05月27日 [ Thu ]

いちばん簡単なPC自作 (5)

長らく放っておいたこのシリーズ記事、もう皆さん忘れてしまっていると思いますが(笑)、いちおう締めの記事を投稿しておこうと思います(ここ最近、自作PCをいくつか作ったので、番外編的なものについては、また書きたいと思います)。

前回までの記事で、ハードウェアはすべて組みあがりましたので、あとはWindowsを導入するだけです。

ここからは実際のPCごとにかなり展開が違ってくると思いますので、概要と注意すべきポイントだけまとめておきたいと思います。実際、BIOS画面が出るところまでいってしまえば、その後で失敗する可能性はかなり低く、トラブルなしにWindowsを導入完了できるケースがほとんどだと思います。

まず、OSのインストールに進む大前提として、以下の3つができていることをチェックしましょう。


続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:32 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

2010年05月24日 [ Mon ]

ライブ・自閉症の認知システム (12)

このシリーズ記事は、先日、石川にて行なわせていただいた講演の内容を、ダイジェストかつ再構成してお届けするものです。

page13.gif
Slide 13 : 自閉症への働きかけモデル(図)

page14.gif
Slide 14 : 自閉症への働きかけモデル:キーワード(1)

page15.gif
Slide 15 : 自閉症への働きかけモデル:キーワード(2)

前回のお話の続きです。

繰り返しになりますけど、自閉症の療育というのは、自閉症の人と環境との「接点」に対して働きかけることです。
支援する側の人が働きかけることによって、自閉症の人が環境とうまくかかわることができて、この図でいうフィードバック・サイクルがうまく回るようになって、そして道具を使いこなせるようになって、そしてニッチが広がって人生が豊かになっていく、そういう働きかけ、そういう営みだと思います。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:22 はてなブックマーク | コメント(3) | トラックバック(0) | 理論・知見

2010年05月17日 [ Mon ]

ライブ・自閉症の認知システム (11)

このシリーズ記事は、先日、石川にて行なわせていただいた講演の内容を、ダイジェストかつ再構成してお届けするものです。

さて、それでは、自閉症の認知システムの問題をこのモデルから理解したところで、じゃあどう働きかけていったらいいのか、ということについても、このモデルから考えていきたいと思います。

page13.gif
Slide 13 : 自閉症への働きかけモデル(図)

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:49 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 理論・知見

2010年05月14日 [ Fri ]

Togetterまとめ、2件。

今週は比較的仕事も忙しかったので、ちょっとサブ記事も書けていませんが、私の作成した、Twitterでのつぶやきをまとめた「Togetterまとめ」のリストが2件ほどありますので、ご紹介しておきたいと思います。

http://togetter.com/li/20037
五右衛門風呂について

なぜか、「五右衛門風呂」の話題でちょっと盛り上がりました。Twitterで語られる話題としては珍しいんじゃないかなあ、と思ったので何となくまとめてみました。


http://togetter.com/li/20574
ASDの子どもへの「鼻ふんっ」の教え方について

こちらはもう少し実用的な話題です。
「鼻をかむ」「鼻をふんっとやる」のを教えるのって、難しいですよね。それを、どうやったらうまく教えられるかについての話題をまとめました。

楽しんでいただければ幸いです。

posted by そらパパ at 23:19 はてなブックマーク | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑記

2010年05月10日 [ Mon ]

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30(ブックレビュー)

資料的価値はとても大きい。ただし、活用の難易度は高いでしょう。

 
↑左がAmazon、右が楽天BOOKSです。

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30
著・編集:井上 雅彦、著:藤坂 龍司
学習研究社

第1章 コミュニケーションを身につけるために
 自閉症とコミュニケーション
 コミュニケーションの発達を促すには
 ABAの基本的知識
 上手に課題をすすめるためにQ&A

第2章 コミュニケーションプログラム1
 コミュニケーションの基礎
  (1) 課題への導入
  (2) マッチング
  (3) 動作模倣
  (4) ことばでの指示理解
  (5) 目合わせと指さし
  (6) 遊び画面でのかかわり
 ことばの獲得
  (7) 音声模倣
  (8) 物の命名
  (9) ことばでの要求表現
  (10) 一語文の世界を広げる
  (11) 絵カードによるコミュニケーション
 文と概念の形成
  (12) 複雑な指示の理解
  (13) 社交的応答
  (14) 物の属性
  (15) 二語文・三語文
  (16) 表情・感情
  [コラム]視覚的プロンプトを用いて教える方法

第3章 コミュニケーションプログラム2
 会話の基礎
  (17) 物の特徴と機能
  (18) 肯定と否定
  (19) 初歩の文法
  (20) 質問の弁別
  (21) 質問の自発
  (22) 文字の読み書き
  (23) 過去の想起
  (24) 情報交換型会話
  [コラム]2つの強化−強化について注意すべきこと−
 上級コミュニケーション
  (25) ピアトレーニングとシャドー
  (26) 共感と他者視点
  (27) 受け身形と「あげる」「もらう」
  (28) 会話の発展
  (29) ことばの世界を広げる
  (30) 残された問題
  [コラム]セルフマネージメントへ向けて

2008年に出版され、当ブログ殿堂入りとなっているABA家庭療育本「家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46」の続編という位置づけの本です。

ただ、この「位置づけ」は実はあまり正しくないんじゃないか、と思っています。この本のより的確な位置づけというのは、

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:53 はてなブックマーク | コメント(10) | トラックバック(0) | 実践プログラム

2010年05月07日 [ Fri ]

花風社の浅見社長が我が家の療育に意見があるらしい件

大大大博士の本の出版準備にお忙しそうだからと、しばらく放っておいた花風社の浅見社長の件ですが、その後もブログやTwitterでの私への誹謗中傷は続いています(たくさんありすぎて改めて拾う気にもならないので、「集大成」的なこのエントリや、こちらに残っているツイートをご覧ください)。
最近では、我が家の療育、我が家の娘への働きかけについても、いろいろとご意見をおっしゃりたいようです。

今日のブログのエントリで、こんなことが書かれていました。

奇跡のような出会い−定型発達者もつらい…かな? 花風社・浅見淳子のブログ
同じような重度の障害を持つそらパパさんのホームページを読んで目の前が暗くなりました。ホームページでいろんな方の相談を受け、たくさんの本を読み、本を出し、講演している一生懸命なお父さんのお子さんでも奥様のブログを読むと決して良い療育の成果が出ているようには思えませんでした。

これは、浅見社長が受け取ったメールの転載だそうですが、仮に転載だとしても、わざわざ許可をとって、そのうえで転載しているわけですから、「掲載したいから掲載した」意見だということになりますよね。
それも、「発達障害を支援する」出版社の社長が書くブログに、私を名指しして掲載しておられるわけです。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:11 はてなブックマーク | コメント(16) | トラックバック(0) | 花風社関連

2010年05月03日 [ Mon ]

うちの子かわいいっ親ばか日記(3)小学校編(ブックレビュー)

定評のある自閉症子育てマンガ、シリーズ3冊めが出ました。


※左がAmazon、右が楽天ブックスです。どちらも送料無料。

うちの子かわいいっ親ばか日記〈3〉小学校編―自閉症児あやの育児まんが
著:あべ ひろみ
ぶどう社

2年生になりました!
パパの転職で、学校探し!
新しい学校で、よろしく!
あやちゃん、賞状をもらう
たかぴーの入院、あやちゃんは?
好きなコト、できるコト、増えたね!
歯医者さん、よくがんばりました
ファッションショー、大成功!
おかたづけスケジュールは、スゴイ!
2泊3日の宿泊学習 ほか

ゴールデンウィークでもあるので、気軽な気持ちで手にとることができるまんがシリーズの1冊について、肩の力を抜いたレビューを書きたいと思います。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:00 はてなブックマーク | コメント(5) | トラックバック(0) | 療育一般

2010年05月01日 [ Sat ]

「親学」問題について、とりあえずのまとめ。

いつか記事を書こうかな、と思いつつ、あまりの幅広いトンデモぶりになかなか手が出せないでいるので、とりあえずリンク集的なものを作っておこうと思います。

この件については、機会があればリンクも含め書き足していきたいと思います。
「親学」問題とは?

産経新聞が先月あたりから「親学」と称する、子育てについての論評を掲載しています。
この内容が、端的にいって「テレビやDVDを見せ、昔ながらの遊びをやらなくなった最近の子育てが発達障害を生み出している。昔ながらの子育てをすれば発達障害は予防できるし、治すこともできる」というもので、発達障害に対する誤解と偏見と差別に満ち溢れたとんでもない内容であるために、これが全国紙に掲載されている(ネットでも配信されている)という事実も含め、厳しい批判を浴びているわけです。

これまでにネット上で掲載された「親学」の記事と、それに対するネット上での反応はこちら。

<産経新聞が掲載した記事>

http://sankei.jp.msn.com/life/education/100314/edc1003141845005-n1.htm
【親学Q&A】(5)発達障害の予防
 → この記事へのはてなブックマーク

http://sankei.jp.msn.com/life/education/100419/edc1004190041000-n1.htm
【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう
 → この記事へのはてなブックマーク


<上記記事への関連エントリ>

http://d.hatena.ne.jp/doramao/20100328/1269747604
親が苦でなく親楽でもイイと思う−とらねこ日誌

http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100422/p1
産経新聞が発達障害についての風説を広め、偏見を助長しようとしている件について−俺の邪悪なメモ
 → このエントリへのtweetbuzz

http://d.hatena.ne.jp/lessor/20100423/1272049073
[障害者支援]「治るのか」という問いを問う - lessorの日記

http://d.hatena.ne.jp/STARSIA/20100422
言葉かけだけで発達障害が治るもんか−手に汗をかきながら

http://www.nadita.com/asbbs/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=33606;id=
[#33606] 「発達障害は治る」という産経新聞のインチキ記事 - アスペルガーの館の掲示板

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 09:57 はてなブックマーク | コメント(15) | トラックバック(4) | 日々の話

書籍ベストセラー