子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2010年01月30日 [ Sat ]

サイドバーとブックレビューを更新しました。

前回のアップデートから3か月ほど経過したこともあり、当ブログの左サイドバーにあるナビゲーション用のリンク一覧と、ブックレビューのページを更新しました。

これにより、今日時点までの過去のほとんどの記事に、これらのリンクから漏れなくアクセスできるようになっているはずです。ぜひご活用ください。

※ちなみに、ブックレビューは、各項目ごとに、上にあるものほど新しくレビューしたものになります。

posted by そらパパ at 23:37 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記

2010年01月25日 [ Mon ]

ライブ・自閉症の認知システム (6)

このシリーズ記事は、先日、石川にて行なわせていただいた講演の内容を、ダイジェストかつ再構成してお届けするものです。


Slide 6 : 「知識とは」とは「一般化された経験」のこと

前回、私たちは、過去の個別雑多な経験から、捨てるべき部分をうまく捨てて、重要なエッセンスだけを残す「一般化」をすることによって、将来に役立つ知識を学習するという、すばらしい能力をもっている、というお話をしました。

実はいま、非常に重要なことをお話ししています

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 23:59 はてなブックマーク | コメント(5) | トラックバック(0) | 理論・知見

2010年01月21日 [ Thu ]

自閉症関連書籍をお譲りします。

久しぶりに、読み終わった手持ちの本をまとめて放出したいと思います。







続きがあります・・・

posted by そらパパ at 18:27 はてなブックマーク | コメント(4) | トラックバック(0) | 療育一般

2010年01月20日 [ Wed ]

殿堂入り本「みんなの手あそびうたブック」が増補改訂されました。

今日、書店で発見したのですが、当ブログで「DVDつきの手あそび本」として、療育にもぴったりということで殿堂入りさせている「たのしい手あそびうた DVDブック」(レビュー記事はこちら)が、増補版に改訂されていました


↑こちらが、これまでの本。


↑そしてこちらが、「増補版」です。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 20:09 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 実践プログラム

2010年01月18日 [ Mon ]

障害と「経済的」自立、「精神的」自立について

このエントリで考えたいことは、自閉症をはじめとする「障害」と、そういった障害をもった子どもを育てる親御さんの多くが目標にする「経済的」ないし「精神的」な「自立」、そして、その両者の間に存在する「社会」という枠組みとの関係についてです。

なお、今回の記事は、経済的な価値観についての個人的な意見表明になりますので、「正しい」「間違っている」という議論には乗りにくい性格の内容になることをあらかじめご了承ください。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 20:12 はてなブックマーク | コメント(21) | トラックバック(2) | 療育一般

2010年01月15日 [ Fri ]

Amazonが全品送料無料です。

既に先週から始まっていますが、Amazonの送料が、通常は1500円以上で無料のところ、金額にかかわらず全品無料となるキャンペーンが行なわれています。



せっかくなので、当ブログで殿堂入りしている本のうち、定価が1500円未満で普段なら送料のかかるもの(現在は送料無料)のものをまとめてピックアップしてみました。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:21 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記

2010年01月14日 [ Thu ]

ABAでやせる「ダイエット日記」、役に立ったようです。

去年の10月に、ABAを応用したダイエット法である「ダイエット日記」の記事とフリーでダウンロードできる自作のダイエット日記(PDFファイル)をご紹介しました。

http://soramame-shiki.seesaa.net/article/130269313.html
ABAでダイエット(ダイエット日記)

そのときにも書いたんですが、これはそもそも、妻のダイエットを支援するために作ったものでした。
その後、妻はこのダイエット日記に食生活と運動、毎日の体重を記録するだけ(それ以外は特に具体的な支持はなし)という生活を続けていたのですが、特に食事制限とか激しい運動を始めたわけでもないのに、こちらも驚くほどするすると体重が減っていって、この3か月くらいでなんと5キロもやせることができたようです。



もちろん、これも「エピソード」ですけど、まあ少なくとも「○○を食べて・飲んでやせた!」というよりは、再現性の期待できるダイエット法なんじゃないかな、と思います。
日記をつけるだけなので、コストもかかりませんし、危険性もありませんから、ダイエットに関心があってご興味をもたれた方は、よろしければ試してみてください。

posted by そらパパ at 21:50 はてなブックマーク | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々の話

2010年01月11日 [ Mon ]

ぼく、アスペルガーかもしれない。(立ち読みレビュー)

あらかじめお断りしておきますが、非常に厳しい批判レビューになっています
当事者本を批判するレビューはちょっと、という方は読まないことをお勧めします。

※本レビューを書いたことに対し、花風社の浅見社長からさまざまな嫌がらせを受け、弁護士に依頼せざるを得ない事態にまで発展しました。詳しくはこちらを参照ください。

また、ここで問題にしている議論は、「名誉健常者というロールモデルを押し付けるな、それ以外の生き方を恥ずかしいと言うな」という考え方と密接に関わっているということに後日気づきました。
こちらのTogetterまとめもあわせてご覧ください。



ぼく、アスペルガーかもしれない。
著:中田大地
花風社

花風社の新刊です。
花風社については、主力の「自閉っ子」シリーズの最近の方向性に疑問を感じており、また、最近出た本を巡って社長である浅見氏とちょっと変なやりとりがあったりして、基本的に批判的な目で見ることが多くなっているのですが、この本については、事前の紹介文などを見ている限り、肯定的にとりあげてもいいかな、と思っていました。

で、実際に書店で手にとって、ぱらぱらとめくったら、冒頭、1ページまるごと、大きなゴシック文字で、こんな会話が躍っていました。
「自閉症って恥ずかしいの?」

「自閉症は恥ずかしくないよ」

「大地、自閉症は恥ずかしくないよ。恥ずかしいのは大人になっても自分でご飯が食べられないことだ

※1/14追記:上記発言の発言者は、上から順に、著者、花風社浅見氏、著者の母親、です。下記の議論を理解するのに極めて重要な情報なので追加しました。(参考リンク

・・・この時点で、私はこの本を購入することと、この本を「おすすめ」としてブログで紹介することをやめました
さらに告白すれば、私はこの本を立ち読みして、このメッセージを読んだことで、大きなショックを受け、非常に暗い気持ちになりました。
そして、この冒頭メッセージのもつ大きく深刻な問題を、「当事者本を批判する」という高いリスクを犯してでも、指摘せざるを得なくなったのです。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:44 はてなブックマーク | コメント(49) | トラックバック(1) | 花風社関連

2010年01月05日 [ Tue ]

パブリックドメイン・クラシック&バッハ作品ご紹介

療育とは直接関係ありませんが、とても役に立ちそうなサイトが登場し、話題になっています。

http://public-domain-archive.com/classic/
パブリックドメイン・クラシック

著作権(厳密には著作隣接権ですね)の切れたクラシック音楽の演奏を、無料でMP3形式でダウンロードできるサイトです。

ちなみに私はクラシックのなかではバッハの大ファンで、かなりの作品をCDなどで集めていました。(今はかなり整理しましたが)
なので、今回のサイトのなかの、バッハの作品ページから、おすすめの作品をいくつかご紹介したいと思います。
(アクセスが集中しているのか、なかなかうまく接続できませんが、何度か試すとうまくいくようです)

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 20:40 はてなブックマーク | コメント(5) | トラックバック(0) | 雑記

2010年01月04日 [ Mon ]

ライブ・自閉症の認知システム (5)

今回が、2010年、最初のメイン記事になります。
皆さん、今年もよろしくお願いします。

2010年は、昨年から続いているシリーズ記事のうち、昨年、石川にて行なった講演を、ダイジェストかつ再構成してお届けする「ライブ・自閉症の認知システム」で始めたいと思います。

slide 6
Slide 6 : 「知識とは」とは「一般化された経験」のこと

脳みそを少しかきまわしてもらったところで、こんどは私たちが世界をどんなふうに認識しているかということについて考えていきましょう。
たとえば私の目の前にはマイクとかコップとかがありますけど、なぜ私は、あるいは皆さんは、これがマイクだと分かり、これがコップだと分かるのでしょうか?

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:42 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 理論・知見

2010年01月01日 [ Fri ]

あけましておめでとうございます。

最初のエントリは帰省から戻った後にしようと思っていましたが、コメントを書いてしまったので取り急ぎごあいさつだけさせていただきます。

当ブログにお越しくださっている皆さん、あけましておめでとうございます。

以下、新たな年を迎えて、当ブログに関してちょっと考えていることなど。

最近、自閉症にかかわる代替療法の「攻勢」が激しさを増しているように感じるのは、気のせいでしょうか。
(あるいは、過去何年かが、相対的にそういったものがおとなしかっただけなのかもしれません。)

当ブログは、単に療育法をいろいろ紹介するブログではありません。
そうではなく、自閉症に対する玉石混交の主張・療育法のなかから、科学的根拠に乏しいものを見分け、選ばないことで、親御さんにとってもお子さんにとっても貴重な時間やお金やエネルギーを無駄遣いしないことを提案するブログでもあります。

そのために必要な、クリティカル・シンキングと呼ばれる思考方法や、「こころ」に対する哲学的・心理学的理解を深めていくことも、当ブログの守備範囲です。

私自身としては、初めてはや5年め、ずっと「自閉症療育」という、専門ではない狭いテーマを扱っている当ブログを続けていくことは、「ネタ切れとの闘い」でもあるのですが、今年もがんばって週1回+αの更新を続けていければと考えています。

今年もよろしくお願いします!

posted by そらパパ at 16:32 はてなブックマーク | コメント(6) | トラックバック(0) | 日々の話

書籍ベストセラー