2009年09月30日

自閉症のDIR治療プログラム(立ち読みレビュー)

この本といいPRTの本といい、ちょっと値段が高すぎです。
申し訳ないですが、今回も「立ち読みレビュー」でご容赦ください。


自閉症のDIR治療プログラム
著:S.グリーンスパン、S.ウィーダー
創元社

はじめに─よりよい関わりをめざして
第1部 明るい未来のために 誤解と事実、早期兆候と新しい枠組み
 第1章 自閉症再考─われわれのアプローチ
 第2章 ASDやアスペルガー症候群についての誤解と誤診
 第3章 ASDの早期徴候―乳幼児早期に発見し、関わりを始めるために
 第4章 ASDの新しい目標―DIR/Floortimeとは?
第2部 DIRとは? 子どもが周囲と関わりをもち、コミュニケーション能力を伸ばし、思考力をつけていくために家族ができること
 第5章 家族主導で
 第6章 注意を向け、関わりをもつために─子どもをみんなの世界に導くには
 第7章 双方向コミュニケーションと問題解決能力を身につける
 第8章 シンボル、考え、言葉
 第9章 論理的な考え方と現実の世界
 第10章 抽象概念と深く考える力
 第11章 生物学的特徴.─五感を通じて世の中を経験する
 第12章 生物学的特徴.─視覚と聴覚に問題がある場合
第3部 Floortime
 第13章 Floortime─家庭でのアプローチ
 第14章 Floortimeとは?
 第15章 いつでもどこでもFloortime─どこでも学ぶことはできる
 第16章 困難なとき─子どもからのリードに従いつつ発達を促すには
 第17章 思春期や成人期のASD.─生涯続く学習(ヘンリー・マンとの共著)
 第18章 思春期や成人期のASD.─学びの場の設定
 第4部 DIRによるアセスメントと療育
 第19章 DIR/Floortimeによるアセスメント
 第20章 DIR/Floortimeによる包括的療育プログラム
 第21章 教育プログラム―考える力、コミュニケーション、学力を伸ばすために
第5部 問題行動への対応
 第22章 お決まりの台詞とエコラリア
 第23章 自己刺激行動、刺激への強い欲求、過活動、回避行動
 第24章 日々の問題点―食事、トイレ・トレーニング、衣服の着脱など
 第25章 問題行動
 第26章 感情のコントロール
 第27章 気持ちの崩れと退行
 第28章 ソーシャル・スキルを伸ばすために
文 献
索 引
訳者あとがき

以前、記事にしたTIME誌の自閉症特集でも、妙に強調して取り上げられていた療育法「DIR」についての本。
異様に高い値段とがっしりした体裁から、専門家むけの専門書という位置づけなのは明らかです。

DIRの最大の特徴は、「フロアタイム」と呼ばれる働きかけですが、これは簡単にいうと、「20分間、養育者が子どもの目線まで降りて、子どもとインタラクティブにかかわりあう」というもののようです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

そらまめ式絵カード療育法 (13)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(4)ステップ3:複数の場所に、複数の絵カード(続き)


ステップ3(絵カードの意味を理解し、欲しいものに対応した絵カードを選ぶことを教える)の療育をすすめていく際のポイントとして、以下の2つがあげられます。

a.複数ならんだ絵カードからどれを選ぶかについては、手助けをしない。

 これは、下手に手助けしてしまうと、子どもが本当に欲しいものと違う絵カードを交換するという不適切な行動を「手助け」してしまう恐れがあるからです。
 前回の記事で、「子どもの内面の意図(どちらのアイテムが本当に欲しいのか)が必ずしもわからなくても、ステップ3の分化強化学習は適切に進めることができる」と書きましたが、このような巧妙な分化強化学習をうまく進めていく大前提となるのが、この「絵カードの選択は子ども自身が行なう」という部分になります。
 ですから、ステップ3にすすむ前の「ステップ2」の段階で、「自主的に絵カードをはがして親に渡す」という行動については、十分に子どもにマスターさせておかなければなりません。ステップ3で新しく覚える必要があるのは「カードを適切に『選ぶ』」ということ、ただそれだけになるように、ステップ2までの段階は絶対におろそかにしてはいけないわけです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

「荒神山 少年自然の家」の話題

ふと思い出して、ふるさとの話題を調べてみたらこんな事態になっていて驚きました。

http://mainichi.jp/area/shiga/archive/news/2009/08/25/20090825ddlk25040376000c.html
荒神山少年自然の家:存続願い草刈り 彦根でおやじの会 /滋賀 (2009/8/25)
 彦根市日夏町にある県立荒神山少年自然の家の存続を目指し、市PTA連絡協議会とPTA活動の経験者でつくる「彦根市おやじの会」の会員ら約30人がこのほど、自然の家への進入道路両側の除草や枝払いなどをした。
 同家は1976年に開所。宿泊研修施設やキャンプ場、アドベンチャーのコースなどがある。県は財政削減のため10年度以降の休館方針を打ち出したが、存続運動が高まり、今後のあり方を検討している。
 同連絡協とおやじの会は保護者の立場から施設存続を推進しようと、「荒神山少年自然の家施設ボランティア活動」を立ち上げて会員を募集。約75人が登録し、今回、第1回活動を行った。(後略)

滋賀県にある「県立荒神山少年自然の家」について、県の財政悪化のあおりを受け、来年度からの休館が打ち出されているところ、存続を求めたボランティア活動が展開されている、とのニュースです。

この「少年自然の家」には、私も並々ならない思い出があります。
この施設は、荒神山という小さな山(平らな田んぼの真ん中にぽつんと山のある不思議な光景です。高さは平地から200mくらい。)の中腹にあって、キャンプファイアーをやったり、「焼き杉クラフト」に挑戦できる工房?があったり、山全体を使ったオリエンテーリングができるようになっています。しっかりした宿泊施設があるので、キャンプ装備は不要で、気軽に「自然体験」ができるようになっています。

私はこの「自然の家」が大好きで、学校の課外活動などで利用した以外にも、定期的に開催される宿泊企画にも何度も自主的に参加しました。
当然、一緒に寝泊りするのは見ず知らずの子どもばかりなので、そこで社会性とかも結構鍛えられたように思います。

そんな思い出のある「自然の家」も、このままいけば今年度いっぱいで休館してしまうということで、とても寂しく、複雑な思いです。

そして、いまは私は「自閉症児の親」でもありますから、こういう施設を改めて見ると「発達障害のお子さんやご家族にとっては、もしかするとこういう施設はすごくありがたい、大切なものになっているんじゃないだろうか」と思い当たります。
そして、その予感はやはり当たっていました。

http://budounokai.blog.shinobi.jp/Category/7/
報道特集NEX 放送内容から(ぶどうの会 ブログ)

これを見ると、景気対策を主目的にした当時の政府の学校のIT推進予算(例の「電子黒板」など。率直に言って効率の悪いバラマキだとしか思えません)がつく一方で、この「少年の家」のような、赤字ではあるにせよ、存続を願ってボランティアが立ち上がるくらい「愛されている」施設にお金が回らないというのは、やはり不幸なことだなあ、と思います。

追記:さらに、下記のニュースを見つけました。

http://www.mbs.jp/voice/special/200906/29_21262.shtml
憤懣本舗「実態!!『エコ教育』と天下り法人」-毎日放送 Voice

これを見ると、この「少年の家」の施設維持費は二千数百万円に過ぎないと読めます(施設職員の人件費は含まれていないかも)。だとしたら、下らない特殊法人の理事を1.5人ほど辞めさせるだけで維持できることになりますし、別の見方をすれば、年間数万人の利用者のいる施設なので、施設利用料を1人あたり1000円ほど値上げしたら、簡単にまかなえそうな気がするのですが・・・。確か、利用料は格安だった記憶があります。

→ 調べたらなんと「利用料は無料」(泊まっても163円)でした。これはさすがに補助金依存体質が強すぎかも。一泊3000円くらい取ればすぐに黒字化できるのでは? 滋賀県も、無料で使わせていた施設が赤字だからいきなり「休館」ではなく、せめて有料化で存続を模索すべきではないかと思います。

posted by そらパパ at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の話 | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

そらまめ式絵カード療育法 (12)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(4)ステップ3:複数の場所に、複数の絵カード(続き)


同じ場所に複数の絵カードが貼られ、子どもがその中から欲しいものを「選択する」ことを求められる「ステップ3」は、ABAでいう「分化強化学習」となるため、「間違った絵カードを交換してしまって、欲しいものが手に入らない」という「失敗体験」をすることも必要だ、ということを前回書きました。

もう一度確認しましょう。「ジュース」と「お茶」の絵カードが貼ってあり、子どもが「ジュースが欲しい」という状態にあるとき、

「ジュースの絵カード」を交換してジュースを手に入れる
 =欲しいものが手に入る
 =ごほうびとなる(強化される)
 =その行動が学習・定着していくようになる


「お茶の絵カード」を交換してお茶を手に入れる
 =欲しくないものが手に入る
 =ごほうびとならない(消去される)
 =その行動は減少していく(はず)


という2種類の学習の両方が必要になります。どちらか一方だけでは「分化」強化学習にならず、効率が著しく悪くなります。

また、子どもが実はジュースではなくお茶が欲しいと思っているときもあるかもしれません。ことばの出ない自閉症児の場合、本当に欲しがっているのがどちらなのかということは、外から見ているだけでは実はまったく分かりません。

でも、そうであったとしても、絵カードを導入すれば、まったく問題なくなってしまうのです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

ソフトクリーム

全然なにげない、日常の風景の話です。

私の駅までの通勤ルートで、いつも歩く幹線道路沿いを、いつもと少しだけ違うコースで歩いていたら、とある喫茶店の店先にソフトクリーム看板(ソフトクリームの形をした大きな立体の模型のことです。どう呼ぶのか分からずネットで調べてしまいました(笑))が出ているのを見て、ちょっと笑ってしまいました。
観光地でもなく、子どもをターゲットにした店でもない、ごく普通の喫茶店に、ちょっと場違いなソフトクリーム看板が出ていたからです。

softcream.gif
↑これは公園で見た、ソフトクリーム看板。

でも、そうやってソフトクリーム看板にちょっと注目してみて、実はこの「ソフトクリーム看板」って侮れないな、と思ったのです。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 21:58| Comment(7) | TrackBack(0) | 娘の話 | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

心理学で何がわかるか(ブックレビュー)

完成度の高い心理学入門書。心理学に関心のあるすべての方に。


※いまならAmazonの書籍は金額にかかわらず送料無料です。

心理学で何がわかるか
著:村上 宣寛
ちくま新書 802

第1章 心理学とは
 なぜ心理学を選んだか
 科学的方法の基本
 エビデンス・ベイスドの動き
 心理学は統計を使う
 なぜ研究法が大事なのか
第2章 人柄を決めるのは遺伝か
 神話の時代
 発達研究の特殊性
 遺伝の影響
 出生順位の影響
 親の養育態度は子供に影響するか
第3章 人間は賢いか
 愛猫ジニー
 動物は考えるか
 類人猿に「言語」を教える
 心の理論とは
第4章 意識の謎
 意識を失う
 意識の神経心理学
 自由意志は幻想か
 意識が人間を規定するか
第5章 記憶は確かか
 最初の思い出
 幼児期の記憶
 偽りの記憶
 記憶力は鍛えられるか
 忘却理論
 記憶のためのプラン
 記憶のための最良の戦略とは
第6章 人と人の間で
 ある雨の日に
 他者を知る
 なぜ人を好きになるのか
 なぜ人は協調するのか
 なぜ人は攻撃するか
 あなたは凶悪犯か
第7章 異常な世界へ
 学長への抗議文
 臨床心理学とは
 アセスメントとはどういうことか
 うつ病とは
 うつ病の治療法
 あなたはうつ病か
 冷たい統計家と暖かい臨床家

心理学の入門書には大きく分けると2つあって、1つは「心理学にはどんなジャンルがあり、有名な実験にはどんなものがあるか」を羅列したようなもの、もう1つは「心理学とは何でないか」を中心に語るもの(曰く、心理学はフロイト・ユングの精神分析ではなく、血液型性格診断ではなく、読心術ではない、内面を洞察する学問ではない、etc.)ですが、前者はつまらない雑学本のようになりがちで、後者は哲学っぽくなるか特定の立場にしばられがちで、どちらにしても「心理学そのものを面白く解説する本」にはなかなかならないものです。
そんななか、本書はこの両方の要素を盛り込みつつ、心理学全体を統一したトーンでしっかりカバーしようという、かなり意欲的な内容になっています
(ちなみに、この2種類以外に、精神分析モドキや血液型性格診断、読心術・「心理操作」などを取り扱った「エセ心理本」というジャンルがあり、心理の本のコーナーで扱われている本の9割以上はこれになりますが、これらは心理学の本ではないので無視してください)

もちろん、新書という限られた紙面でそこまで欲張るからには、語れる範囲はかなり限定されたものになってしまいます。実際、本書で語られている具体的なテーマは、せいぜい両手で足りる程度のものに絞り込まれています。
とはいえ、目次をみてわかるとおり、数少ないテーマのなかで心理学のさまざまな領域が広くカバーされています(第1章:心理学研究法、第2章:発達心理学、第3章~第5章:認知心理学(知能/言語、意識、記憶/学習)、第6章:社会心理学、第7章:臨床心理学)し、1人の著者が書いているために、統一感があって論旨にもブレがありません。さらに言えば、こういった入門書でよくある、全体の半分が臨床心理学(の複雑怪奇な概念解説)で、残りの半分のうちの大部分が社会心理学(の変な実験)といった「バランスのおかしさ」がなく、「学問としての心理学」の全体像の、かなりいいミニチュアになっていると思います。

さらに、本書には以下のような高評価ポイントがあります。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:25| Comment(8) | TrackBack(1) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

Amazonで本の送料が無料になってます。

タイトルのとおりです。

Amazonでは1500円以上の購入で送料が無料になりますが、本日から11/4まで限定で、1500円以下の購入でも、本の送料が無料になるキャンペーンが実施中です。



新書や文庫、まんがの単行本など、つい買い忘れて書店からなくなってしまった本を買うのにいいチャンスかもしれません。たとえば・・・


この本(参考記事)1冊だけでもいいわけですね。

ぜひご活用ください。
posted by そらパパ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

Mママさんの絵カードフリー素材について

今回は情報のご提供です。
当ブログにもコメントをいただいたりしている、アメリカ・カリフォルニア州在住の「Mママ」さんのサイト「絵カードのお店」にて、無償にて利用できる絵カード用のフリー素材が大量に提供されています。



http://picturecardstore.com/
絵カードのお店

こちらのサイトの「フリー素材」のページに、本日現在で以下の素材が、PDF形式で無償にてダウンロード、療育に活用できるようになっています

・感情カード
・時計カード
・マッチングカード
・連続カード
・正解カード
・ひらがな表
・アソシエーションボード
・スケジュールボード
・数字カード
・時計キット


また、Twitterの写真アップロードサイトである「TwitPic」にも、Mママさんオリジナルの絵カード素材が日々アップロードされています。


http://twitpic.com/photos/M_mama

Twitterに登録して、「M_mama」さんをフォローすると、新しい写真がアップロードされたときにタイムラインで確認できます。

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

そらまめ式絵カード療育法 (11)

4.要求のコミュニケーションを教える(続き)

(4)ステップ3:複数の場所に、複数の絵カード

いよいよ仕上げのステップ3に入ります。
ステップ3は、「飛躍のステップ」です。このステップで、いよいよ絵カード自身に「意味」が付加されて、絵カードが一種の「ことば」としての機能を持つようになります。
一方で、私たちが感じる以上に、子どもにとっての難易度も飛躍的に上がりますので、ここはじっくりと取り組む必要があります。ステップ3をすぐにクリアできるお子さんもいるとは思いますが、個人的な実感(というか、実際に娘に対して取り組んだときの実感)として、ステップ3を「マスターした」と言い切れるようになるまでには、ステップ1+ステップ2の時間の数倍以上の時間がかかることも覚悟しておいたほうがいいように思います。
(とはいえ、相当障害の重いお子さんでも、じっくり時間をかければステップ3をマスターすることは十分可能だと思います。そういう意味では、ステップ3であっても、少なくとも音声言語を教えるよりは、自閉症児に対して教えるのははるかに容易だということは言えるでしょう。)

でも、何がそんなに違うのでしょうか?

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践プログラム | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

機軸行動発達支援法(立ち読みレビュー)

率直に言って「親御さん向き」ではないですが、ABAマニアな方なら。



機軸行動発達支援法
著:ロバート・L. ケーゲル、リン・カーン ケーゲル
二瓶社

1節 機軸行動の指導について
2節 コミュニケーションの発達
3節 社会性の発達
4節 行動問題の減少と子どもの興味の拡大

ものすごく堅苦しいタイトルになっていますが、この「機軸行動発達支援法」というのは、ABAの世界では多少有名な「PRT (Pivotal Response Treatments)」の(本書における)訳語です
PRTとは何か、というのは、いまだに私も完全に理解しているとは言いがたい(本書の該当するページをじっくり読んでも、なお分かりませんでした)のですが、ロヴァースの流れをくむ早期集中介入スタイルのABAの一種で、療育の対象となる重要な発達課題の一群を「機軸行動」として整理し、そこに重点をおいて行動形成していく(そうするとそれ以外の行動にも波及効果があるとする)療育法のようです。
トレーニング自体も、ロヴァース式にみられるような厳格なフォーマットにのっとった課題遂行(ディスクリート・トレーニング)よりも、より自由で緩やかなスタイルを好み、日常生活のなかでのフリーオペラント的な働きかけも重視しているようですね。
こちらに、参考になりそうなまとめPDFがありました。)

本書は本格的なPRTの入門書ということで、レビューのニーズもありそうですし、買ってしっかりレビューしようかな、とも思ったんですが・・・

続きがあります・・・
posted by そらパパ at 20:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 理論・知見 | 更新情報をチェックする
子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。