子どもが自閉症かもしれない!どうしよう!という親御さんへのアドバイスはこちら
孫が自閉症らしい、どうしたら?という祖父母の方へのアドバイスはこちら

fortop.gif当ブログの全体像を知るには、こちらをご覧ください。
←時間の構造化に役立つ電子タイマー製作キットです。
PECS等に使える絵カード用テンプレートを公開しています。
自閉症関連のブックレビューも多数掲載しています。

花風社・浅見淳子社長との経緯についてはこちらでまとめています。

2009年06月29日 [ Mon ]

「七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!」をあえて読み解く(4)


七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!
七田 眞
KKロングセラーズ

本書を、科学的裏付けの有無とは切り離した、一種の「仮想的な療育フレームワーク」としての仮説モデルないしストーリー、という視点で読んでいくとするなら、その「ストーリー」には、いくつかキーワードがあるように思います。

※以下、いちいち突っ込んでいくときりがないですし、あえて反論せずに本書の主張をそのまま書いていきます。実際にはほとんどすべての議論が「突込みどころ満載」であることは留意してください。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:07 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 理論・知見

2009年06月25日 [ Thu ]

療育用サイン体系をオープンな環境で学ぶ

自閉症児のコミュニケーション力を訓練するための療育技法の1つに「マカトン・サイン」というものがあります。
これは、PECSなどと同類のAAC(代替的・補助的コミュニケーション)技法の1つで、厳選された語彙に対してハンドサイン(手話)を割り当て、それを教えることで音声言語の苦手な自閉症児のコミュニケーションスキルを向上させようというアプローチです。(実際にはマカトン法はサインだけでなく、シンボルや音声言語も取り混ぜたより複合的なアプローチのようです)

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:43 はてなブックマーク | コメント(7) | トラックバック(0) | 実践プログラム

2009年06月22日 [ Mon ]

石川での講演について

既にご報告申し上げたとおり、昨日6月21日、石川県金沢市にて、「自閉症の認知システム〜家庭療育のヒント〜」という題目にて、お話をさせていただきました。



以下が、今回、講演で使用した配布資料になります。


↑PDFファイルですので、Adobe Readerを使って開くことができます。

資料からも分かるとおり、今回は、前回までのお話とはかなり趣を変え、私の1冊めの本『自閉症−「からだ」と「せかい」をつなぐ新しい理解と療育』の内容を中心に、心の哲学や心理学の話題について、かなり突っ込んだお話をさせていただきました。

内容的に難しいというか、あまり一般的にはなじみがないようなテーマについてお話しすることになりましたので、今回はスクリプト(話す内容についての原稿)もかなりしっかりとしたものを準備して臨みました。(逆にいうと、今回は配布資料だけでは、実際に話した内容があまり見えてこないようになっていると思います。)

なお、今回用意した「スクリプト」については、2時間半分の分量があり、読み応えもあると考えているので、少し加工して読み物として読みやすくしたうえで、当ブログのシリーズ記事として連載しようかと考えています

ともあれ、こういったタイプの一般講演として「異色のテーマ」だったと思いますが、こういったお話をさせていただく場をご用意くださったいしかわTEACCH研の皆様、そして雨が降ったり暑かったりとめまぐるしく変わる天候のなか、ご足労いただいて講演に参加くださった皆さん(大変たくさんの方にお越しいただいて、感激しました)、本当にありがとうございました。

素人の講演でお聞き苦しいところも多々あったかと思いますが、もしまたご縁がありましたら、よろしくお願いします。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:38 はてなブックマーク | コメント(6) | トラックバック(0) | そらまめ式

2009年06月21日 [ Sun ]

石川にて講演を行ないました。

本日、石川県金沢市にて、「自閉症の認知システム〜家庭療育へのヒント〜」というテーマにて、お話をさせていただいてきました。

主催された、いしかわTEACCH研の皆様、本当にお世話になりました。
また、参加くださった皆さん、ありがとうございました。

もう少し詳しいお話や、使用した資料などは、明日、あらためて記事を書いて掲載させていただこうと思っています。

posted by そらパパ at 21:40 はてなブックマーク | コメント(10) | トラックバック(1) | そらまめ式

2009年06月18日 [ Thu ]

思わず

ちょっと目頭が熱くなった

こんな風に、複数のことばを適切に組み合わせて使ったのは、ほとんど初めてなんじゃないかな、と思います。
少なくとも、この3つの単語は「一つながり」じゃなくてばらばらに覚えているはずのものだし、しかもマンドじゃなくてタクトだし。

こういうのって、定着するほど話す機会もないので、消えてしまう可能性が高いだろうなあ、とは思いますが、それでも、個人的にはここ最近では一番嬉しかった話題でした。

posted by そらパパ at 21:43 はてなブックマーク | コメント(4) | トラックバック(0) | 娘の話

単純な脳、複雑な「私」(ブックレビュー)

最高に魅力的な「脳科学入門書」です。


単純な脳、複雑な「私」
著:池谷裕二
朝日出版社

第1章 脳は私のことをホントに理解しているのか
第2章 脳は空から心を眺めている
第3章 脳はゆらいで自由をつくりあげる
第4章 脳はノイズから生命を生み出す

池谷裕二氏は、私がいま一番注目している脳科学者です。
その理由は、以前池谷氏の別の本をレビューしたときにも書きましたが、彼が、脳を複雑系ととらえていて、その「複雑系らしさ」へのまなざしを死守しながら、何とか還元主義的な科学のフォーマットで研究していくという独特なスタンスをとっているからです。

脳科学者でありながら、還元主義者ではない。
そして、還元主義者ではないけれども、心身二元論者でもない。(むしろ、本書を読んでいくと、池谷氏が唯心論寄りであることが伺えます)
もちろん、還元主義の限界を見据えつつも、決して疑似科学に近づいていくことはない。

そういう池谷氏の科学者としてのスタンスに、私は強く共感します。

本書は、そんな池谷氏の視点から整理された脳科学の最新の研究成果が、母校の高校生たちに向けて噛み砕いて語られた、口語体の「講義録」です。だから、とても刺激的で、新鮮な驚きに満ちていて、しかもとても読みやすいです。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:30 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | 理論・知見

2009年06月17日 [ Wed ]

石川にて講演を行ないます(再掲)

既にこちらのブログでも一度お知らせしましたが、この週末、日曜日(6月21日)に、いしかわTEACCH研のお招きにより、石川県金沢市にてお話をさせていただくことになりました。

http://teacchishikawa.web.fc2.com/zikai.html
日時  6月21日(日)9:30〜12:30
場所  金沢市教育プラザ富樫 1号館121室
テーマ 自閉症の認知システム〜療育のためのヒント〜
講師  そらパパ

今回は、前回前々回とは異なり、2冊めの本ではなく、1冊めの本の内容を中心に、心の哲学心理学と「こころ」一般化障害仮説、プロジェクトとしての家庭療育、科学の目、といったテーマについてお話しさせていただきます。

当ブログでも、偶然ですが、ここ最近、「療育を科学的に考えていくにはどうしたらいいんだろう?」といったテーマについての議論が多かったように思いますので、そのあたりもふまえながら、他の方が語るのとはちょっと違った「自閉症のお話」ができたらいいな、と思っています。

近隣にお住まいの方で、興味をお持ちいただけた方は、ぜひご参加ください。

posted by そらパパ at 21:38 はてなブックマーク | コメント(0) | トラックバック(0) | そらまめ式

2009年06月15日 [ Mon ]

「七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!」をあえて読み解く(3)


七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!
七田 眞
KKロングセラーズ

このシリーズ記事、特にこの第3回目の記事以降では、上記の七田氏の本が「トンデモ本」であることを前提としつつも、この本が自閉症とその療育についてどのようなストーリーを語り、親がそのストーリーに従うことは自閉症児にとってどのような意味を持ちうるか、という観点からある程度本格的に読み解いてみようと思います。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:56 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | 理論・知見

2009年06月11日 [ Thu ]

言葉よりずっと大切なもの−自閉症と闘いぬいた母の手記(立ち読みレビュー)

先日ちょっと触れた本ですが、いろんな意味で「頭の痛い」内容です。


言葉よりずっと大切なもの−自閉症と闘いぬいた母の手記
著:ジェニー・マッカーシー
WAVE出版

久しぶりにこのセリフを。

こ れ は ひ ど い

この本の内容を一言でいえば、自閉症児の母親の手記という形をとった「サプリメント系療法の推奨本」です。
著者はいろいろな療育法を試みるわけですけど、最終的な結論としては「GFCFダイエットとサプリメントによるイースト菌の排出で自閉症児がよくなった」ということになっているようです。

なので、簡単にまとめてしまえば、「ああ、よくある代替療法のエピソード本ね」で終わってしまうわけですけど、それ以外にもいろいろ考えさせられるところがありました(なので、立ち読みレビューを書いてみようと思ったわけです)。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:36 はてなブックマーク | コメント(18) | トラックバック(0) | 花風社関連

2009年06月09日 [ Tue ]

授業参観

いま、娘が通っている特別支援学校は「授業参観ウィーク」になっており、いつでも授業を見学できます。
既に妻のブログで書かれていますが、せっかく見るなら混んでいなさそうな平日に見よう、ということで、今日、有給休暇をとって夫婦で娘の様子を覗きに行ってきました。

今日の時間割は、非常におおざっぱに言うと、朝の運動、集団の授業、個別の課題、曜日固有の授業(今日は音楽)、給食、という流れで、朝の運動から、給食を食べ始めるところまで、だいたい3時間ほど娘の様子を見ていました。

細かいことはあえて書かずに、気がついたところなどをいくつかまとめて。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:11 はてなブックマーク | コメント(6) | トラックバック(0) | 娘の話

2009年06月08日 [ Mon ]

「七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!」をあえて読み解く(2)


七田式超右脳教育法で自閉症の子が良くなる!
七田 眞
KKロングセラーズ

上記の本を「とっかかり」として、著者である七田氏、あるいは「七田式」の自閉症に対する考えかたについて、一定の影響力をもった存在だということもふまえ、いちど掘り下げて考察してみよう、というシリーズ記事の第2回です。

さて、前回の記事では、本書が述べる数々の「自閉症の原因」とされる指摘から、本書の議論が一見科学の殻をかぶっているように見えて、実は超物理的な精神世界や、「テレパシー」「波動」といったものを議論の中核におく、オカルト的なものであるということを書きました。

もう少し引用を続けます。
自閉症の「原因」も雑多にいろいろ書かれていましたが、一方、自閉症を「治す」方法も、いろいろ提案されていてよりどりみどりです(じゃなくて、「全部やれ」なんでしょうね)。内容に入っていくと引用が長くなりすぎますし、それにはあまり意味がなさそうなので、主にキャプション(表題)のほうを拾う形で見ていきたいと思います。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 21:42 はてなブックマーク | コメント(47) | トラックバック(0) | 理論・知見

2009年06月05日 [ Fri ]

電子タイマー命名&「薄型バージョン」の試作

ご好評いただいている「電子タイマー」について、2件の話題を。

まず1つめですが、このタイマーに名前をつけることにしました。

先日のコメントのやりとりで、確かにこのタイマーを呼ぶときに、私も「電子タイマー」とか「PICマイコンタイマー」とか、いつも違う呼び方をしていてはっきりしないことに気づいたので、ちゃんと名前を決めてその名前で呼ぼう、と考えたわけです。

それで、いろいろ考えた結果として、この電子タイマーは、そらまめ式電子タイマー・マルチランプ64」(略称・「そらまめ式電子タイマー」)と呼ぶことにしました。
先のコメントでも書いたのですが、この電子タイマーの最大の特長は、これまで数個〜10個程度のものがほとんどだった、時間を示すランプの数を、一気に64個にまで増やした点にある(その結果、ランプが次々と消えていく様子が視覚化できて、「時間の構造化」に貢献している)と考えています。
ですので、その特長をネーミングに入れたい、と考えました。
でも、ちょっと長くなるので、その部分はサブネーム化して、普段は「そらまめ式電子タイマー」と呼ぶことにします。


さて、そんな「そらまめ式電子タイマー」ですが、我が家でも日常的に使っています。

そんな折、妻から「携帯用にもっと小さくならないか?」という相談を受けました。
小さく、といっても、縦横の大きさ自体を小さくするのは基板への配線デザインから見直す必要があって大変なので、最小限の改造でできそうな「薄型化」に挑戦してみることにしました。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:12 はてなブックマーク | コメント(2) | トラックバック(0) | オリジナル教材

2009年06月02日 [ Tue ]

「自」らに「閉」じこもらない自閉症者たち(立ち読みレビュー)

※どうも、無視できない「変な本」が続々と登場してきて、「変な本のレビュー」を続けざるを得ないような状況になっています。発達障害がクローズアップされるようになり、特定の勢力が「お金を稼げる場所」として集まり、一定の「影響力」を持ち始めているような、嫌な印象です。
そんなわけで、ブログのなかが「変な本のレビューだらけ」になってしまっていますが、いましばらくご容赦ください。


動きが活発化してますね。



「自」らに「閉」じこもらない自閉症者たち―「話せない」7人の自閉症者が指で綴った物語
編:ダグラス・ビクレン
エスコアール

エスコアールといえば、もはや自閉症界(というか自閉症FC界)の有名人と言っていい、東田直樹さんの本をたくさん出している出版社として知られていますが、この会社は最近、出版活動を越えた、FC(ファシリテイテッド・コミュニケーション:独力でコミュニケーションできない障害者が、特殊な他人の補助によりコミュニケーションできるようになると主張する代替療法)全般の普及活動を活発化させています。

続きがあります・・・

posted by そらパパ at 22:29 はてなブックマーク | コメント(66) | トラックバック(1) | 理論・知見

2009年06月01日 [ Mon ]

そらまめ式電子タイマー・マルチランプ64 製作キット正式頒布について

※2013年4月14日追記:本電子タイマーのキットですが、既に最後の在庫まで申込みをいただいています。ただ、キャンセルが発生する可能性がありますので、「キャンセル待ち」のご連絡をいただければ、最後の1台をお送りできるかもしれません。すべて売り切れました。

既にシリーズ記事でご案内しているとおり、当ブログでは、64個のLED(発光ダイオード)とPICマイコンを使った、自閉症児の時間の構造化・視覚支援に役立つ電子式の多機能タイマー、「そらまめ式電子タイマー・マルチランプ64」を開発しました。
そして、ご希望の方に、この電子タイマーを自作できる「製作キット」を頒布しております。

これまで、制作キットの頒布について、最終的なランニングテストを兼ねた「ベータ頒布」と位置づけてきましたが、この記事の公開をもって、製作キットの頒布を「正式リリース」に切り替えさせていただくこととします
※現在既にお申込み受付中・手続き中の方は、原則として「ベータ頒布」の条件にて取扱いさせていただきますが、正式リリース扱いをご希望の方はお申し出ください。

※正式頒布への移行とあわせ、PICマイコンのプログラムが、ベータ頒布時の「バージョン2.55」から「バージョン2.61」にバージョンアップし、「一時停止機能」が追加されました。詳しくは本記事の「7.ベータ頒布関連」を参照ください。


【そらまめ式電子タイマー ・マルチランプ64 製作キット頒布 実施要領】

1.電子タイマーの概要

 電子タイマーの外観、主要機能等の概要については、下記の動画をご覧ください。
 ただし、この紹介動画の内容はやや古くなっていて、現在はこの動画以上の機能が盛り込まれています。機能の詳細については、下記の「操作マニュアル」をご覧ください。
 また、ご利用いただいた方の感想については、ベータ頒布時の記事のコメントとして、たくさんのご報告をいただいています。あわせて参照ください。



続きがあります・・・

posted by そらパパ at 20:31 はてなブックマーク | コメント(6) | トラックバック(0) | オリジナル教材

書籍ベストセラー